2017年9月9日(土)琵琶湖大橋道の駅前にてウェーディング

17:30着、マグース(パール)をウィドーの上にトレースしてトライ。微風、アングラー陸から5人、水クリア、ウィドーが密集してキャストするポイントが少ない。10cm程の小バスの群れを3回ほど、又ランカーバスを1回、ライズを1回確認した。

23cmと15cmのブラックバス2匹ゲット。2匹ともしっかりフッキングしていたのでスレていないと思われるが、アタリもその2回のみなので、秋になりどこかに移動するなどして数が少ないと思われる。

P1120976 P1120978

18:30、一通りキャストできる箇所を回ったので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年8月5日(土) 琵琶湖・和邇川河口、志賀・松の浦にてバス釣

15:30和邇浜に着。晴れ、微風、他のアングラー0人、ウェーダーでガシャクモ等のウィドーの上をマグース(パール)でスローリトリーブするがノーフィッシュ。

16:00和邇川河口に着。他のアングラー25人位でにぎわっていた。

河口の横にウィドーがあるはずだが、殆ど無かった。その日もヘビキャロのアングラーが多数釣っており、アングラーにより日々引き抜かれたのだろう。

ヘビキャロは、河口の砂浜では広い範囲が探れ、その分スレにくいが、ウィドーのあるポイントではウィドーを引き抜いてしまい、よけいバスを釣れなくする面がある。

17:15までに20cmブルーギル2匹ゲット。周囲でもあまり釣れておらず、40cmブラックバスをヘビキャロで1匹釣っているのを見たのみ。

CAMERA

 

18:00志賀・松の浦に着。他のアングラー5人。泳いでいる人も若干いるのでその近辺はさけながら、流れ込みを中心にマグースをキャストして35cmニゴイゲット。

CAMERA

ウィドーは全体に薄く、流れ込み近辺で若干多め。稚鮎も若干確認できた。また、流れ込みを良く見ると、2cm程のヨシノボリが沢山確認できた。

小さな流れ込みにはブラックバスはあまり回遊しないのか、ブラックバスはノーフィッシュ。19:00納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年7月29日(土) 琵琶湖・堅田なぎさ運動広場(天神川河口)にてウェディングでバス釣

16:30着、他のアングラーは、ウェディング3人、ゴムボートがやや沖に2艘、カヌーが2艘、岸に1人で、ワンド奥にバスボート置き場がありバスボートの出入りもあるのでそこそこのプレッシャーがあるポイントと思われる。曇り、やや強めの北風。水やや濁りあり。

マグース(パール)でトライ。先ず河口近辺は、砂でなく、泥で、岸から30m位までは膝までだが、そこから急深になっている。ウィドーは少なめだが、沖にキャストして10秒ほどカウントダウンするとウィドーの引っかかりがかなりあるがアタリない。岸側で15cmブルーギル2匹ゲット。

湖側は、ウィドーがかなりあり、南端と北端に特に多く、南端の方がトロ藻が少ない。

湖側の各所で、10~20cmブルーギル12匹ゲット。南端で小さめのブルーギルを頻繁に目視できる。全般にスレておりショートバイト多数。バラシ数回あり。

P1120956 P1120957

ブラックバスはバラシ4回でゲットまでいたらなかった。他のアングラーがワームで25cm位を1匹ゲットしているのを確認。

小魚やライズも見られなかったので今一の印象だが、ブルーギルをゲットしながら、ブラックバス狙いなら退屈しないフィッシングになるだろう。19:30、薄暗くなったので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年6月17日(土)琵琶湖 真野浜にてバスフィッシング

16;15着。やや向かい風、他のアングラー10人確認。4インチヤマセンコーに2段フックのずる引きで大まかなウィドーのある箇所をチェック、45分で2回、ギルアタリあり。

17:00~19:00の2時間で、ウィドーのある南端で、マグース(パール)にて、15cm前後のブルーギル16匹と、20cmと26cmのブラックバス2匹ゲット。

P1120906 P1120909P1120908  P1120911

深い箇所は、10秒ほどカウントダウンし、時折ウィドーに引っかかる程度の層をスローリトリーブいした。

他のアングラーが釣れているのは確認できなかった。19:00、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年7月16日(日) 真野川にて友ルアーで稚鮎

AM6:40、真野川着、小さな川なのに、多くの釣り人が毛ばりで稚鮎釣りを楽しんでいた。

水は澄んでいるが少なめで、毎日の様に釣られているのか、かなりすれている様で、10cm未満がポツリポツリとしか釣れていない。

稚鮎は、友釣よりも毛ばりの方が断然有利であり、自分の経験からすると3倍以上は良く釣れる。ここでは稚鮎はかなり目視できるが、友ルアーではボーズだろう。

161号線の100m程上の大きな堰までが主な釣り場で、そこから上は稚鮎が少なくなるし、足場も悪いので、誰も釣っていない。

よって、数は少ないがスレ具合も少ない堰の上流200m位にある瀬で7:00より釣行開始。

よく見ると、時々キラキラとヒラをうつ稚鮎が確認できる。

流れが弱いので20gの錘とし、その20cm先に友ルアー・友魚70mmをつけた。

足場が悪かったがなんとか、瀬や、流れ込みに友魚70mmを泳がせながら10m位を釣下り、2時間で8~10cm12匹の釣果だった。

P1120945

8:00に、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_1050 500KB

上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2017年7月15日(土) 安曇川-広瀬にて友ルアーで鮎

8:30、広瀬橋より500m下の瀬で竿出し。釣り人少なめで、近辺に3人、荒瀬で竿を出している人がぽつぽつと釣れていた。梅雨で雨がよく降っていたが、コケがいい感じで付いており、水は少なめで澄んでいた。広瀬のブログによると最近まで15~20cmが20~30匹釣れていたとのことで、解禁日6月24日より3週間目でまだ大型が残っていることを期待し、20gの錘の20cm先に友ルアー・友魚130mmをつけてチャレンジしたが、中々渋く、1時間程粘り、ようやく、12cmの鮎が釣れた。
P1120938
大型は少ないようなので、友魚100mmに変更。ぽつぽつと12cm前後を追加するも、頻繁にルアーが根掛りし、その度に場を荒らしてしまい釣れ続かない。錘を10gに変更するも同様に根掛りする。

10:30、錘を55gに変更すると、ルアーと錘が一箇所に留まり、根掛りが無くなり、釣果もアップした。友魚100mmは、錘55gが合っている。

11:40、活性が低目と判断し、上流に300m程移動して3匹追加。12:30、周囲の釣り人も殆ど帰ったので自分も納竿。

本日の釣果、12~17cm、14匹だった。

P1120942

広瀬は、解禁日から3週間経つと、小型がメインになると感じた。

帰りに、真野川を覗くと、10cmもない小型の稚鮎の群れが目視できた。

真野川は通年は、12cm以上ある稚鮎が主体なので今年の稚鮎は小さめのようだ。

おそらく、本日釣った広瀬の鮎は天然遡上であり、真野川より水がきれいで、コケが豊富なので大きめに成長したと思う。

IMG_1050 500KB

上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2017年6月17日(土)琵琶湖 真野浜にてバスフィッシング

16;15着。やや向かい風、他のアングラー10人確認。4インチヤマセンコーに2段フックのずる引きで大まかなウィドーのある箇所をチェック、45分で2回、ギルアタリあり。

17:00~19:00の2時間で、ウィドーのある南端で、マグース(パール)にて、15cm前後のブルーギル16匹と、20cmと26cmのブラックバス2匹ゲット。

P1120908 P1120911

P1120909 P1120905

深い箇所は、10秒ほどカウントダウンし、時折ウィドーに引っかかる程度の層をスローリトリーブいした。

他のアングラーが釣れているのは確認できなかった。19:00、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年6月4日(日)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

19:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

かすかに重く感じたので一応あわせたら、56cmのブラックバスをキャッチ。前のフックにフッキングした。アタリはその1回のみだった。22:00納竿。

IMG_4852 1500X999

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

2017年5月19日(金)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

20:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

ついて早々、53cmと35cmのブラックバスをキャッチ。どちらも前のフックにフッキングした。

P1120894 P1120896

その後も直ぐヒットしたがバラシ。その後もアタリがあったがフッキングせず。その後、アタリが遠のき、11:00納竿。本日は、群れになって回遊しているのか、30分程の間にアタリが集中した。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年4月28日(金)琵琶湖大橋東詰(ビエリ前)にてバスフィッシング

19:00着。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)にて、軽いアクション-5秒位のポーズの繰り返しにて、35cmのブラックバスゲット。前のフックにフッキングしていた。

P1120888

その後、引きは強烈だったが、障害物に潜り込まれて1匹バラシ。22;00反応も今ひとつなので納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

遊びごころのある釣り