2014年4/25朽木渓流魚センターにてトラウトフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2014-4-25(金)

朽木渓流魚センター7:00-17:00、風やや強い、晴れ時々曇り、4-17度、釣人10人

5-10cmのシャッド、サスペンドのポーズ&ジャーックの釣人が殆ど

プチマグース(ライトグリーン、黒、グレー)で7:00-10:00:デジマキで1匹、表層で2匹、若干周囲の方が釣れている。又、表層に魚浮いている。2回ほど根ガカリするが回収。

10:00-13:00プチマグースで表層を釣6匹、試作プチマグースのフックが破損

11:00放流あり

13:00-14:00休憩

14:00-15:00ライトグリーンのプチマグース0匹

15:00プチマグース黒で反応がいいが10分位で3匹バラシ、デジマキ試し根ガカリロスト

朽木渓流魚センターは底に切り株や枯れ草や小石などが多く、デジマキだと時々根ガカリする。

15:00-17:00プチマグース・グリーン中層、表層のトゥイイチ&棒引で14匹

今日の釣果:25~47cm23匹(岩魚:4匹、ブルック:1匹、山女:2匹、レインボー:16匹)

PIC_0808

20140425

今日は、中層、表層で黒とグリーンのプチマグースでのトゥイイチ&棒引が良好であった。このパターンは周囲よりも釣れていると感じた。

 

ミニプチマグース(試作品)よりもプチマグースが釣れたことより、プチマグースの場合はある程度大きいほうがトラウトに反応が良いことがわかった。

又、プチマグースのデジマキで釣れる事が確認できた。

又、活性の高いレンジを早く見極めること、当りカラーにより釣果に大幅に影響することがわかった。

IMG_2551

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。

2013年8月以前のバス&トラウトフィッシング

○20138月以前  趣味でハンドメイドルアーを作成、釣行。現商品(マグース)とほぼ同じルアーにて、野池,ダム湖でのブラックバスとマスのエリアフィッシングを行い。よく釣れることを確認する。  野池,ダム湖(主にクロンド池)でのブラックバスフィッシングでは、小魚が表層で活発な5月中旬~8月中旬によく釣れた(平均夕方の3時間で3匹位)。  マスのエリアフィッシングでは、ポンド型エリアフィッシング(主に朽木フィッシングエリア)で釣行し良好に釣れた(平均夕方の3時間で5引き位)。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

遊びごころのある釣り