カテゴリー別アーカイブ: 2段フックでの釣行

2018年5/27:琵琶湖(南湖東岸)南山田にてバス釣

17:00着、微風、他のアングラー20人程

水門近辺にてライズ確認したので、3インチヤマセンコー・ノーシンカーに2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)にてリフト&フォールでトライし、46cm、50cmブラックバスと、15cm前後のブルーギル8匹ゲット。いずれもテールにフッキング。P1130241

P1130240  P1130242

後、丸呑みされて歯がライン(8lbフロロ)に当たったのか40cmほどのブラックバスをライン切れでバラシ。

20:30北山田に移動して同様のフィッシングでトライするがノーフィッシュ。

21:30納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

 

 

2017年11月18日 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

13:30着、曇、微風、周囲のアングラー20人ほど。
気温が10℃ほどの中、水面に手を入れると少し暖かく、20℃ほどありそうだ。底には豊富なウィドー(カナダモ)があり、ダウンショットは難しい。
周囲でも、ノーシンカー、ジグヘッド、シャッド等でポツポツと釣れている。
プチマグースでブルーギル2匹、子バス1匹ゲット。

P1130175 P1130176      14:00、レインズスワンプ・マイクロに2段フック(ヘッドとテールの2ヶ所にフックを装着)のノーシンカーにて、15cmブルービル2匹と、15~22cmブラックバス10匹ゲット。P1130178P1130179

15:00、ノーシンカーだと5m位しかキャストできず、反応が悪くなってきたので、0.4gの噛み潰しをヘッドに装着したジグヘッドにて、15~22cmブラックバス15匹と15cm前後のブルーギル7匹追加。ジグヘッドは、頻繁に空合わせをすると、その際にフッキングしたり、それが誘いにもなり良くヒットした。P1130180P1130187

15:00位から込み始め、かなり満員状態。
16:00~17:00、小雨が振り出した為、近くのコンビニで食事休憩。
17:00、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フックで20cmブラックバス2匹、15cmブルーギル2匹追加P1130182
 P1130181アクションフロートだと、既に薄暗くなり見づらいので、遠くにキャストできず、いまひとつ反応が悪かった。

17:30、反応が若干悪くなり、周囲のアングラーも半分ぐらいとなり、自分も納竿。
2段フックのヘッドへのフッキングとテールへのフッキングは同じぐらいだった。なので、ワームではテールへのフッキングの分周囲よりも釣れるテンポが良かった。
本日は、色々試しながらの3時間で、15~22cmブラックバス29匹と、15cm前後のブルーギル11匹の釣果だった。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年6月4日(日)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

19:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

かすかに重く感じたので一応あわせたら、56cmのブラックバスをキャッチ。前のフックにフッキングした。アタリはその1回のみだった。22:00納竿。

IMG_4852 1500X999

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

2017年5月19日(金)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

20:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

ついて早々、53cmと35cmのブラックバスをキャッチ。どちらも前のフックにフッキングした。

P1120894 P1120896

その後も直ぐヒットしたがバラシ。その後もアタリがあったがフッキングせず。その後、アタリが遠のき、11:00納竿。本日は、群れになって回遊しているのか、30分程の間にアタリが集中した。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年4月28日(金)琵琶湖大橋東詰(ビエリ前)にてバスフィッシング

19:00着。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)にて、軽いアクション-5秒位のポーズの繰り返しにて、35cmのブラックバスゲット。前のフックにフッキングしていた。

P1120888

その後、引きは強烈だったが、障害物に潜り込まれて1匹バラシ。22;00反応も今ひとつなので納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2016年12月31日 琵琶湖・北小松漁港で、ノーシンカー(バス釣り)

13:30、北小松漁港。晴れ、ノーシンカーやダウンショットのアングラー14人。水中を観察すると、水深1~1.5mでかなりの子バスが泳いでいるのを確認。アクションフロート、レインズスワンプマイクロに二段フックにて釣行開始し、14:30までに子バス7匹ゲットするが、徐々にアタリが少なくなる。

アタリは岸より3m以内が多く、ノーシンカーのアングラーの方がよく釣れている。

ターゲットが浮いており、遠めでアタリが多い場合はアクションフロートに部があるが、本日はアタリが近いので小型ノーシンカーが良いと判断し、レインズスワンプマイクロに二段フックでのノーシンカーに切り替え、16:30までに子バス18匹ゲット。

p1120790p1120794

アタリは微妙で、からあわせで半分以上が釣れた。

ノーシンカーでは、前のフックが2に対し後ろのフックが1の割合でヒットした。又、周囲のノーシンカーのアングラーに比べても1.5倍位の若干いいペースで釣れた。

本日は3時間で、15cm主体で10~25cmのブラックバス25匹の釣果だった。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2016年12月2日 琵琶湖・北小松漁港で、ダウンショット(バス釣り)

13:30、北小松の浜辺から釣行開始。晴れ、微風。30分程マグース・パール(小型ミノー)をキャストするが既に冬モードの様でノーフィッシュ。

北小松漁港では釣り人3人。水中を観察すると、底に子バスが泳いでいるのを確認。本日はアクションフロートよりもダウンショットが適切と判断した。14:30よりレインズスワンプマイクロに二段フックを付けたダウンショットにて、16:00までの1時間30分で15~27cm(20cm前後が7~8割)のブラックバス35匹をゲット。

p1120767 p1120769 p1120771 p1120772 p1120773

2段フックの仕掛けが30匹目でロストした為、そこからは通常のシングルフック、ダウンショットフックサイズ1で釣行した。2段フックでは、前のフックに26匹、後ろのフックに4匹フッキングしたので、ほぼ9割近くが前のフックに集中した。ダウンショットでの2段フックはそれほど効果が無いようだ。

アタリは微妙なものが殆どで、そのアタリを逃さなければ、1投で1匹位釣れ続けた。

アタリのとり方は、アクションフロートの方がウキの動きでアタリを確認できるので簡単だが、アクションフロートのテンションのかけ方や、合わせ方のイメージとほぼ同じでうまくいった。

竿先に2~3回テンションを軽くかけた後、糸ふけが出ればゆっくりと糸ふけをとり、ゆっくりとテンションをかけてその際にかすかな引きを感じたら合わせる。又は、ラインが不自然な動きをしたら、更にゆっくりとラインを張って、かすかな引きを感じたところであわせる。

先ず、漁港を観察して、本日のように水が澄んでいれば目視で魚の棚を確認し、水が濁っていれば釣れているアングラーの仕掛けにより棚を推測して、魚が浮いているときはアクションフロート、本日のようにべた底ならダウンショットと、使い分ければ、どの棚でも対応できる。

去年の経験では、12月の半ばまではダウンショットでよく釣れたが、それ以降は、アクションフロートの方が圧倒的に良く釣れた。そして、北小松漁港では5月位まで釣れ続けた。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2016-7-24 琵琶湖・真野川河口でウェーディング、価値ある1匹

晴れ、水クリア、18:00ポイントに着、微風、小波、他のアングラー8人。7/21良かった南に面したエリアから開始、マグース・バーブ付、センターフック無し(小型ミノー)でトライするが反応無し。ここは他のアングラーが集中しており、スレてしまったよう。

北に100m程移動すると、若干ウィドーが混じりだす。そのポイントでブラックバスを掛けるがバラシ。しばらくして再度ヒットするが、ラインブレイク。ラインは8lbのPEを使用していたが、キャスト時に時折ガイドにラインが絡まる。その際にラインが傷ついていたよう。

マグースが無くなったので、4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフックを装着)のノーシンカーでトライ。ヘビキャロよりソフトにウィドーの上をハネさせては、ステイを繰り返し、25cm位のブラックバスをゲット。

P1120686

後ろのフックにフッキングした。今年ノーシンカーに2段フックで、8匹のブラックバスをゲットし、内3匹が後ろのフックにフッキングしており、約4割が後ろのフックにフッキングしているので、2段フックは、ノーシンカーでの釣果アップにつながる事がわかった。

サイズは物足りないが、周囲が釣れていない中、場所や、ルアーや、アクションを組み立てて、アプローチがうまくいった満足感がある。

19:00前位から他のアングラーが帰りだし、自分もアタリが減少したので、納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2016-6/11 琵琶湖大橋東詰、うきキャロで、ブルーギル、バス釣り

17:00着、微風、曇り、他のアングラー、15人位。

その他、シーズン中の休日の為か、あちらこちらで、今年1番ににぎわっている。

よって、以前釣れた水門やキャストしやすそうなポイント等、当てにしていたポイントは塞がっていた。全体にあまり釣れていなかった。帰るまでに子バスのヒットを2回確認したのみだった。

今日は、明るいうちは、アクションフロート・9(円形フロートとロングフット)にカットしたレインズスワンプマイクロとその下にダウンショットの様に1gのオモリ、棚70cmで釣行。

水門にキャストするが、魚の影も見られず、ノーヒット。裏側の漁港にブルーギルが浮いていたので、キャストすると、10~15cmのブルーギルが釣れるが、かなりスレており同じ場所でのヒットが続かない。数箇所で15匹程釣ってから、本湖側、石畳箇所に移動。こちらの方が調子がよく、30分程で、15cm前後のブルーギル15匹位ゲット。

空アタリも少なく、全て口元にかかった。スモールワームでのブルーギルフィッシングは、釣れる場合は結果が早いので、1っ箇所で2~3分程粘って釣れなければ別の箇所にキャストして、釣れる箇所で連続ヒットを狙うのがよいだろう。

又、ワームが真っ直ぐになるようにフックに2回通して、装着した方が、ワームに1回通して針先を出す装着より、空アタリがかなり少なかった。

P1120599 P1120612

19:00から、アクションフロート・電子(電子フロートとロングフット)にレインズスワンプマイクロと2段フック(ワームの前後にフックを装着)にその下にダウンショットの様に1gのオモリ、棚1~1.5mで釣行。

まだ他の場所が空いていないので、1時間程水門で粘るがノーヒット。

釣れそうでキャストしやすい場所が空いたのでトライして、23cmブラックバスを後ろ側のフックでゲット。その他アタリが時折あるがヒットしない。ようやくフッキングさせると、10cm位のブルーギルだった。P1120613

21:00~21:30、4インチヤマセンコーのノーシンカーでトライするがノーヒット。

本日の釣果、10~18cmブルーギル約30匹と23cmブラックバス1匹だった。

21:30納竿。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2016-6/8 琵琶湖大橋東詰、おかっぱり、バス釣り(夜釣り)

18:00着、微風、他のアングラー、漁港も合わせて10人位。4インチグラブ等のノーシンカーのアングラーが目立った。釣れているアングラー確認できず、あまり釣れていない様だった。

P1120606

5インチカットテールに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引きや、ワームを浮かせてフォール&ステイでトライ。

砂浜に小さめの稚鮎が頻繁に跳ねている。岸際に40cm位のブラックバスがいたのでワームを落としてみたが反応無し。20:00までノーヒット。

完全に夜に入ってから、25、50cmのブラックバスゲット。いずれも前のフックにフッキングした。

P1120609 P1120610

その他2匹バラシ、ブルーギルかもしれないアタリ2~3回。岸際に若干のウィドーがあり、いずれも岸近くやコンクリート脇でリフト&フォールのリアクションを加えた時のバイト。22:00納竿。周囲を見渡すと他のアングラーはいなかった。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。