カテゴリー別アーカイブ: 友ルアー・友魚での友釣り

2017年7月16日(日) 真野川にて友ルアーで稚鮎

AM6:40、真野川着、小さな川なのに、多くの釣り人が毛ばりで稚鮎釣りを楽しんでいた。

水は澄んでいるが少なめで、毎日の様に釣られているのか、かなりすれている様で、10cm未満がポツリポツリとしか釣れていない。

稚鮎は、友釣よりも毛ばりの方が断然有利であり、自分の経験からすると3倍以上は良く釣れる。ここでは稚鮎はかなり目視できるが、友ルアーではボーズだろう。

161号線の100m程上の大きな堰までが主な釣り場で、そこから上は稚鮎が少なくなるし、足場も悪いので、誰も釣っていない。

よって、数は少ないがスレ具合も少ない堰の上流200m位にある瀬で7:00より釣行開始。

よく見ると、時々キラキラとヒラをうつ稚鮎が確認できる。

流れが弱いので20gの錘とし、その20cm先に友ルアー・友魚70mmをつけた。

足場が悪かったがなんとか、瀬や、流れ込みに友魚70mmを泳がせながら10m位を釣下り、2時間で8~10cm12匹の釣果だった。

P1120945

8:00に、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_1050 500KB

上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2017年7月15日(土) 安曇川-広瀬にて友ルアーで鮎

8:30、広瀬橋より500m下の瀬で竿出し。釣り人少なめで、近辺に3人、荒瀬で竿を出している人がぽつぽつと釣れていた。梅雨で雨がよく降っていたが、コケがいい感じで付いており、水は少なめで澄んでいた。広瀬のブログによると最近まで15~20cmが20~30匹釣れていたとのことで、解禁日6月24日より3週間目でまだ大型が残っていることを期待し、20gの錘の20cm先に友ルアー・友魚130mmをつけてチャレンジしたが、中々渋く、1時間程粘り、ようやく、12cmの鮎が釣れた。
P1120938
大型は少ないようなので、友魚100mmに変更。ぽつぽつと12cm前後を追加するも、頻繁にルアーが根掛りし、その度に場を荒らしてしまい釣れ続かない。錘を10gに変更するも同様に根掛りする。

10:30、錘を55gに変更すると、ルアーと錘が一箇所に留まり、根掛りが無くなり、釣果もアップした。友魚100mmは、錘55gが合っている。

11:40、活性が低目と判断し、上流に300m程移動して3匹追加。12:30、周囲の釣り人も殆ど帰ったので自分も納竿。

本日の釣果、12~17cm、14匹だった。

P1120942

広瀬は、解禁日から3週間経つと、小型がメインになると感じた。

帰りに、真野川を覗くと、10cmもない小型の稚鮎の群れが目視できた。

真野川は通年は、12cm以上ある稚鮎が主体なので今年の稚鮎は小さめのようだ。

おそらく、本日釣った広瀬の鮎は天然遡上であり、真野川より水がきれいで、コケが豊富なので大きめに成長したと思う。

IMG_1050 500KB

上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2016-7-31 安曇川・広瀬で、友ルアー・友魚で友釣り

8時30分に現地(水道橋)着、準備完了、釣行開始。晴れ、微風、水クリア、水位良好に感じた。他の釣人1人。

P1120697

10時30分までに、3匹と反応が悪い。

途中で、他の釣り人とも話し、釣れる鮎の型が小さくてオトリにならないとのこと。

釣下って行き、10時30分位から、比較的流れのある中で、釣れだし、12時までに、16匹追加。12時位から反応が悪くなり、13時30分までに、5匹追加して納竿。

P1120692

P1120691

P1120695本日の釣果は、友ルアー・友魚100のみを使用して、約10cmが4匹、12~15cmが20匹、計24匹だった。

IMG_1050 500KB
上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2015-8/11 安曇川(広瀬) 友ルアー/おとりルアー・友魚で友釣り

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-8/11 5:15~12:15 安曇川(広瀬)晴れ

水は澄み、水量適量で、薄っすらと石の表面にコケが付いている。

友ルアー(友魚)10cmにて釣行。

5:15~10:15広瀬橋下流(フログ・広瀬鮎塾で釣れていると書かれていた)にて、12~17cmを26匹 料金徴収の人に聞くと、良く釣れている方とのこと。

10:15~10:45中野に移動 一人に聞くと、朝から7匹の釣果であまり釣れていないとのこと。

10:45~11:15広瀬橋下流に移動。

11:15~12:15 12~15cm8匹。

暑さのため、終了。

この日は計、34匹の釣果だった。本格的な鮎釣り場でも、本物の友釣りと同等以上に釣れる事が実証された。

PIC_1140 PIC_1141

ただ、数回、石に引っかかり、2~3度川に入りルアーを回収した。

大きな石がゴロゴロしている場合は、回収可能な深さを選択するか、ぎりぎりまで遠くにルアーを放り込まず、ルアーを上に回収できる距離に放り込むことが有効だと感じた。

ぎりぎりまで遠くに放り込むと、回収する際、ルアーを横に引きずる様になり、その際、手前の石にルアーやオモリが引っかかりやすい。

IMG_1050 500KB
上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は ここ です。

2015-8/2 滋賀県・真野川にて友ルアー(おとりルアー)・友魚で友釣り

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-8/2 6:30~8:00 真野川(堰の上流) 晴れ 濁り無し。水量適量、コケが石につき、若干、稚鮎がコケを食べるようにキラキラしている。

友鮎ルアー(友魚)10cmで、8~15cm16匹。

PIC_1137

7:00までが特に活性が良く、時間と共に釣れなくなっていった。かなりすれているよう。

尻尾アリと尻尾ナシタイプで釣ったが、どちらも釣れ、差は感じなかった。

掛針は、6.5号の4本イカリと、5.5号の3本イカリを使用したがどちらも、差は感じなかった。

掛針の位置はルアーの端から、4~6cm位でよくかかり、半分は背ガカリだった。

3cm以下でも30分ほど粘ったがノーフィッシュだった。

同じ場所で、友釣りをしている人がいたので、2匹釣れたてを分けてあげた。少し話をした。大きな川は濁りがまだとれていないので釣りに来たとのことで、最高で100匹程つったこともあるとの事でかなりの上流者だろう。手さばきなどもスマートで、釣れた鮎を網で空中キャッチなどしていた。堰は更に上流に5つあり、5つ目の大きな堰の前でよくつれるとの事。

鮎を分けてあげる前は、市販の友釣り用ルアーを使用していた。そのルアーは浅い場所では、使用できないとの事で、本物の鮎なら、チャラ瀬でも使用できるとの事。

その人はあまり釣れていなかった。自分の方が良く釣れた。このことより、友釣りの上級者と同等以上に良くつれることが証明された。

IMG_1050 500KB
上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。