カテゴリー別アーカイブ: マグースでの釣行

2017年4月16日(日)なごみ湖-本湖で、エリアフィッシング

7:30着、晴れ、微風、水クリア、釣り人15人、かなり暖かく、桜が見ごろだった。

周囲では、小型ミノー、巻きスプーン、ペレット型ルアー、フライのアングラーがいた。時折ぽつぽつと40cm前後のトラウトがあがっている。

マグース(パール)にて、午前(7:30~11:00)は表層にて40cm前後のレインボートラウトが3匹、午後(14:00~18:00)は中層(カウントダウン5~10秒)で40cm前後のレインボートラウト4匹が釣れた。強弱を付けたリトリーブがよかった。他のカラー(ゴールド、チョコ、レッド)も少し試したが反応が悪かった。

11:00~14:00は、釣れない時間帯と考えて、昼寝、昼食、ライトエレアの見学をした。ライトエリアでは、フライ、ペレット型ルアーのアングラーが5分に1匹位のいいペースで25cm位のトラウトをヒットさせていた。

この日は、37~42cmのレインボートラウト7匹、バラシ5匹、ショートバイト約10回で、ルアーの中では2~3番目位の釣果だった。

P1120882 P1120883 P1120884 P1120885

釣れている一部のアングラーのポイントを上から除くと、大きな木のしたあたりにキャストしており、その下にトラウトが泳いでいるのが目視できた。

なごみ湖-本湖は、水深10m位の深く、広めのエリアだが、マグースで十分楽しめることがわかった。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016年10月4日 琵琶湖・真野川河口で、ウェーディング(バス釣り)

15:40、真野浜着、曇り、微風、アングラー7人。ヘビキャロ、ノーシンカーが多い様だ。河口の北側からマグース・パール(小型ミノー)をキャスト。220cmの収納竿は、今までの160cmの収納竿よりも、スムーズにロングキャストができて心地よい。

1時間ほどねばるが、ウィドーの濃い箇所で、数回のショートバイトあるがフッキングまでいたらない。又、周囲のアングラーも釣れていない。

河口より南側に移動。8月頃はウィドーが少なかったが、かなり伸びている。ウィドー面をリトリーブするが、数回のショートバイトのみで、フッキングに至らない。

17:00河口の南端に移動。南側にキャストすると、かなり深場なのにウィドーが表層1m位まで延びているようで、中央フックを外したマグースにも時々ひっかっかる。

ここで、25cm、32cmのブラックバスと、15cm位のブルーギル2匹ゲット。ブラックバス1匹バラシ。

p1120723 p1120724 p1120725

17:30薄暗くなり、寒くなってきた。アタリも遠のいたようなので納竿。

今年は小魚への活性が高かった様で、夏から秋にかけての夕マズメ2~3時間のウェーディング(5回)でのマグースで、全て複数匹のブラックバスがゲットできた。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016年9月17日 滋賀・醒井養鱒鱒場(管理釣り場)にて、トラウトフィッシング

曇り、微風、28℃、水温16℃、水は若干マディー、水深約2m、釣り人約20人。

初めてのポイントで、9:30の予定が、道に迷い、10:20現地到着。到着した時は、余裕をもってキャストできるスペースではほぼ満員で、一箇所だけ空いていた。

スプーンよりも小型プラグのアングラーが目立った。

プチマグース(ライトグリーン)で探りを入れると、カウントダウン10秒位(底近辺)でショートバイトが多い。

カラーチェンジをブラック、チョコ、パール、レッドとしていき、チョコに反応が一番よく、次にライトグリーン、レッド次に、ゴールド、パールだった。

プチマグースで10分に1匹程のペースで釣れたが、1時間程でペースが悪くなり始めた。

水深が深めなのでマグース(チョコ)にチェンジし、リールを半回転早めに撒き、半回転遅めに撒きのメリハリを付けたリトリーブに反応がよく、1時間程で数匹追加。

p1120702 p1120703 p1120704 p1120705 p1120706

反応が悪くなったので、12:30から、昼食と、醒井の偵察休憩をした。1m前後のイトウや、1.5m前後のチョウザメが泳いでいる池は迫力があった。

13:30から14:30位までにマグース(チョコ)で数匹追加。

角でよく釣っていたアングラーが場所移動したので、そちらにチェンジすると、頻繁にチョイスやショートバイトがあるがマグースだと釣れない。プチマグースでスローにリトリーブすると、2匹釣れたが、その後、15分程、激しい通り雨があり、戻ってみると、水面に霧が立ちこみ雰囲気が変わっていた。

さっきの角のポイントにキャストするが活性が鈍っており、2匹追加して中央へのキャストにチャンジ。

隣のアングラーが赤いルアーで調子が良かったので、プチマグース(レッド)をキャストして2匹追加。

アタリが遠のいたのでマグース(チョコ)にチャンジして、数匹追加。

16:00になると空いてきたので、場所移動しながら17:30までに数匹追加して納竿。

本日の釣果は、20~25cmレインボートラウト38匹(内、マグースで約20匹)だった。

ラインが弛んだ時に張ったのを見てから合わせても間に合わずバラしてしまい、ランディングできたアワセは、全て手元の感触で合わせた。

角で茶色っぽい小型ミノーで釣っていたアングラーが角で釣っている時に2~3投に1匹位のペースで釣れていたが、、あまり釣れていないアングラーもかなりいたので、自分も釣れている方だった。

一人だけ50cm位を上げているのを見たほかは、釣れるサイズは20~25cmばかりで小さめだった。

周囲の人もだが、自分もバラシが多く、ランディング時のバラシの数匹も含めて30~40回位はバラシた。特にプチマグースでのバラシが多かった。又、ショトーバイトも100回位あった。

こんな時も、マグースでのメリハリの利いたリトリーブは、反射食いを誘うので、食いつきが良く、バラシ軽減になる。

img_3171

IMG_2682

上記、アッパーリップベイトの詳細or購入は   です。

 

2016-7/21 琵琶湖・真野川河口でウェーディング、回遊するビックバスをゲット

晴れ、水若干マディー、17:00頃真野浜に着、そこから準備をし、ポイントまで水の中を歩いて、17:30にポイントに着、強めの向かい風、波やや高めの為か、他のアングラー無し。若干風裏の南に面したエリアでウェディング、マグース・バーブ付、センターフック無しでトライし、19:00までに、15cmのブルーギル1匹、20~25cm位の子バス6匹と、49cmのブラックバス1匹計7匹をゲットした。

P1120684

P1120681 P1120682

7/19にバラシを多発し、帰り際に気が付いた方法、リトリーブスピードを、常に竿先にルアーのバイブルを感じる程度にする事で、ショットバイトは数回あったが、バラシは無かった。

また、7/19には小魚が跳ねていたが、本日はそれが見られず、棚も若干深めで、最初、表層を狙いアタリが無く、10~15秒ほどカウントダウンして釣れた。

7/19と同じ様に、19:00前からアタリが減少した。本日は十分釣れたこともあり納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016-7/19 琵琶湖・真野川河口でウェーディング、バス釣り

晴れ、水若干マディー、17:30着、強めの向かい風、波やや高めの為か、他のアングラー無し。風裏の南に面したエリアでウェーディング。

6/14に試し釣した際は、ウィドーが短いながら生えており、そろそろいい感じに育っているだろうと期待していたが、人工的に刈り取られたようで、無くなっていた。よって、アタリのあるのは、河口近くの深くなっているポイントのみとなったが、そのポイントで小魚が泳いだり跳ねているのが確認できた。

マグース・バーブ付、センターフック無しでトライし、19:30までに、20、20、38cmのブラックバス計3匹と、15cmのブルーギル2匹ゲットした。

P1120678 P1120679 P1120680

P1120677

その他、50cm位も含めたブラックバス6匹をバラシた。最初、かなり低速でスローリトリーブをして、ヒットはするが、バラシが多発した。そこで、反射食いを狙い、少し早めのリトリーブにして、バラシが少なくなった。

早すぎても食いきれないだろうし、遅すぎても見切られやすくなり、本日は適当なリトリーブスピードを見極めるのが釣果アップのカギの様だった。

暗くなってからは、小魚が深みに移動したのか、アタリが遠のいた。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016年7月8日 琵琶湖・膳所公園周辺で陸っぱりバスフィッシング

16:00着、曇り時々小雨、微風。膳所公園より南約1km地点より、膳所公園に向かって釣歩く。200mおきぐらいに流れ込みがあり、その周辺がポイント。4~5人のアングラーがキャストしていたが誰も釣れているところ確認できなかった。

アクションフロート・電子(電子ウキとロングフット)にレインズスワンプマイクロと2段フック(ワームの前後にフックを装着)にて、17:30までに、15~27cmブラックバス5匹と、15cm前後のブルーギル4匹ゲット。9割位が後ろのフックにフッキングした。

P1120653 P1120655 P1120656 P1120658 P1120660 P1120661 P1120662

かすかに流れがあり、アクションフロートが下流に移動した。又、殆どが、遠めの20~25m位でヒットした。

膳所公園は、かなり遠浅なので、ここからは、マグース・バーブレス(センターフック無し)をキャストして、19:00までに、15cmブラックバス1匹と、15cm前後のブルーギル8匹ゲット。25cm位のブラックバス2匹バラシ。他にトップでのアングラーが一人いたが釣れているところは確認できなかった。P1120664

P1120663

 

 

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

 

2016年7月7日 琵琶湖大橋、道の駅前でウェーディング、バス釣り

17:00着、曇り、水クリア。

やや強めの向かい風、波やや高めの為か、他のアングラー無し。ウェディングではいるも、波が高めなので、余り深くは入れない。先ず、キャロライナーリグをキャスト。表面には出ていないが、底のウィドーに頻繁に引っかかりかなり釣りづらくノーヒット。次に、アクションフロート・電子(電子ウキにロングフット)をキャストするが、波高めで、ウェディングの為、アクションフロートが見え難いのでアタリがわかり難い。ようやく20cmのブラックバスを後ろのフックにかけてゲット。

P1120644

18:30から、マグース・バーブレス、センターフック無しでトライし、19:30までに、15、20、25、25cmのブラックバス計4匹と、23cmの特大ブルーギル1匹ゲットした。その他、ウィドーに潜られる等して、ブラックバス4匹をバラシた。

P1120648

P1120647P1120652 P1120651

ここはブラックバスはいるが、かなりスレていて、しっかりとフッキングしているものは少なく、ウィードーが障害物となって、ヒットしてからも、ゲットできるか、バラすかのギリギリのファイトとなり、スリルがある。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016-6/29 琵琶湖・由美浜で陸っぱりバスフィッシング

17:00着、小雨、風やや強め、水ややマディー、近江大橋の横に位置する由美浜はにおの浜よりも遠浅で、底にはどろ藻がついているので表層タイプのルアーが向いている。他のアングラー1人。

砂浜は浅すぎたので、石がごろごろしている場所でトライした。風の為、小魚はあまり確認できないが、マグース・バーブレス(パール)、センターフック無しでトライし、19:30までの2時間30分で、15cm前後のブルーギル13匹、20~27cmブラックバス5匹の釣果だった。

P1120623 P1120625 P1120626 P1120628 P1120630 P1120634 P1120635

最初の数投でブラックバス40cm位を手元まで持ってきたがドラッグがゆるすぎて思うように引き込めずバラシ、悔しい思いをした。しかし、その後、ドラッグ調整をしてからはバラシも殆ど無く、子バスでも冬とは違い、ジャンプをしたり元気のよいファイトで楽しめた。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2016-5/28 この浜と近江舞子近辺の流れ込みでバスフィッシング

11:00~12:00 この浜2号水路水門から100m程の地点で、アクションフロート遊動13.5g(ロングフット、上重心調整した電子ウキ)と、レインズスワンプマイクロ(2.8インチ)に2段フック(ワーム前後にフックが装着できる)で釣行し、15、20cmブルーギル2匹と、20、24cmブラックバス2匹ゲット。

P1120586 P1120587

その後、アタリが遠のいたので、この浜2号水路水門に移動して、アクションフロート遊動13.5gにレインズスワンプを半分にした仕掛けで15~20cmブルーギル5匹ゲット。又、市販のうきキャロにレインズスワンプを半分にした仕掛けで15cmブルーギル1匹ゲット。

P1120588

反応は、水門前がよく、市販のうきキャロよりもアクションフロートの方が良かった。

又、アクションフロートにワームの代わりにアジ釣り用のサビキをセットして少しトライしてみたが、アタリはあるが、ヒットしなかった。

その後食事をし、14:00~15:00北小松漁港で、市販の浮きキャロにレインズスワンプでトライするがノーフィッシュ。他にもアングラーが10人ほどいたが2匹程釣れているのを確認できたほどで全体に反応が悪かった。

15:30近江舞子沼着。バーベキューの家族連れで賑わっていた。底に魚が確認できたので、アクションフロートでトライするがノーフィッシュ。

16:30近江舞子の流れ込み近辺に移動。ニゴイや、稚鮎がかなり確認できる。マグースで35、45cmニゴイ2匹と、12cmフローティングミノーで52cmニゴイ1匹ゲット。

P1120589 P1120590 P1120592

その後、アクションフロートや、9cmフローティングミノーもトライするがノーフィッシュ。特に、アクションフロートや、ミノーの若干のサイズダウンはニゴイに効果は無いようだ。

18:30納竿。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フック&マグースの詳細又は購入は、 ここ です。

2015-5/6 朽木渓流魚センター・管理釣り場にて、小型ミノーでトラウトフィッシング

雨(時々強めの風)朝10℃、釣り人約20人、意外と小型ミノーのアングラーが多かった。

7:15現地到着。水がクリアなので水面下0.5~1.5m位に沢山のトラウトが泳いでいるのが目視できる。

7:15~10:30プチマグース(レッド、チョコ、ピンク、グリーン、パール、ゴールド)を、水深1~1.5m(5~10秒カウントダウン)をほぼ同じ位の時間スローリトリーブでローテしてアタリカラーを確認。結果、レッドで5匹、パールで4匹、チョコで2匹、ピンクで2匹釣れ、ゴールド、グリーンが魚のチョイスはまずまずあったが0匹だった。よって、レッド>パール>ピンク、チョコ>ゴールド、グリーンの順で反応がよいと判断した。

パールとゴールドを比較すると、自分の少ない経験では、水がクリアだとパールがよく、マディーだとゴールドがよく、今日も同様の結果となった。

9:30頃から小雨が降り出す。雨で水温が下がったせいか、その頃から反応が落ち、ショートバイト、バラシが増えだす。

10:30~11:30までにレッドで4匹追加。

11:00に放流あり。

11:30~12:00昼飯。

12:00~13:00 プチマグースでヤマメ2匹追加。

午前中は30cm位のレインボートラウトが多かったが、午後からは20~25cmのコンディションの良いヤマメが多かった。放流魚にヤマメが多かったと思われる。又、ヤマメは、木の間や中島近辺等の障害物近くの中層で反応がよかった。

13:00頃から風が強くなり、プチマグースではラインが弛みアタリが取りにくく、マグースのレッドに切り替える。

13:00~13:30マグースを5秒程カウントダウン後スローリトリーブしてヤマメ4匹追加。

13:30~14:30マグースを着水後直ぐに中速リトリーブして表層でレインボートラウト8匹追加。

14:30雨も止まず風も強く、アタリも少なくなり、納竿。

この日は、7時間で45、47cmレインボートラウトを加えた31匹(内ヤマメが8匹)の釣果だった。

P1120553 P1120556 P1120558 P1120560 P1120561

又、ゴールデンウィーク中だった為か、雨で水温が下がった為か、ショトとバイトが多く100回位あった。又バラシも多く、3回ぐらいランディング時にバラした。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイトの詳細or購入は   です。