sh12hs45 のすべての投稿

 2015-10/30 琵琶湖・蓬莱浜~滋賀浜にて、ミノー・マグースで、陸っぱり・バスフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-10/30  14:00~18:00 蓬莱浜~滋賀浜(ショア) 曇り時々晴れ(風強め、波高め)釣り人ぽつぽつと7人で 釣れている人確認できず。

マグース(パール)で、蓬莱浜から流れ込み周辺を釣った。

強風、波高めで、動きを抑え目のマグースで釣るとルアーが浮き上がったり、ラインが風であおられ、ルアーアクションが安定せず、あたりも取りにくく、ショトバイトが2回あったのみだった。

マグースHA(ハイアクションタイプ)だと、こちらのほうが若干リトリーブの際に抵抗が大きく、潜りやすいので、ルアーアクションが安定し、20cm弱のブラックバスを2匹ゲット。その後風が更に強くなり釣りにならなくなったので、北風に対し風裏となる滋賀浜に徒歩で移動。

滋賀浜では風が少なくなり、20cm弱のブラックバスを2匹ゲット。

あたりが無く、更に風が少なくなったので、よりソフトに動く、動き少なめのマグースに変えて、3匹バラして、リトリーブスピードを上げ、ダダ巻きで20cm弱のブラックバス2匹ゲット。

シングルフックφ0.60mm#6バーブレスからスナップオンシングルフックφ0.56mm#6に変えて、1匹ゲットし、3匹バラシ。

同じ場所で、シングルフックφ0.60mm#6バーブレスに変えて20cm弱のブラックバス1匹ゲット

場所をかえて、3匹バラして納竿。

この日は、4時間で20cm弱のブラックバス9匹の釣果だった。

P1120399 P1120400

今回スナップオンフックでバラした後に、スプリットリングで付けたシングルフックが釣れた事より若干スプリットリングで付けたシングルフックの方がバラシが軽減できるようだ。

又、フックを見切られないために、ルアーは止めない方がバラシが軽減できるようだ。

又、波風が穏やかな場合は動き少なめのマグースが良く釣れ、強風や、波が大きいときは、マグース(ハイアクションタイプ)の方が良く釣れるようだ。

琵琶湖等の大きい湖では釣り場にでてみると風が強い場合が3回に1回ぐらいはあるので、マグース(ハイアクションタイプ)もバージョンとして有効では。

今日は、波風が強く、気温も昨日より2度低い最高気温19度だったので、バスの活性が低く、バラシも釣れた数位あり、釣果、子バス7匹と少なめだった。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

 2015-10/20 嵐山フィッシングセンター(管理釣り場)にてプチマグースでトラウト・エリアフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-10/20  7:00~17:00  嵐山フィッシングセンターAエリア 晴れ時々曇り(時々強めの風)釣り人10人。

プチマグースで30cm前後レインボートラウト9匹(カラーはライトグリーン、レッド、ブラックのローテ)

マグースで約30cmレインボートラウト1匹(カラーはパール)マグースは、日中遠目で良くヒットしていたので使用した。

この日は、約30cmレインボートラウト10匹の釣果だった。

P1120374 P1120375

中層(表層より少し下)でヒット率良かった。

風が強めだったので、ラインを緩めないように、竿先を下げて少し早めにリトリーブすることが多かった。

バラシ(手元まで5匹)は、10匹で、ショーバイトが多かった。

フックリリーサーを使用したり、抜き上げれば、手元でのバラシ軽減になると思える。

スタッフの人の話では、10月は水温が(今朝:18度)高く、トラウトの適性水温が10~15℃なので活性が低めになり、放流量も徐々に増やしていく途中でストック量も少なめで、11月に入ってからの方がよく釣れるとの事。

最近は、昼は活性が低く、15時ごろの30分間位が表層で活性が高まるとのこと。この日は15時から特に釣れる事も無かった。

ルアーの人は、全体的にバラシが多く、タモに取り込めたトラウトは1~5匹の人が多く、自分は釣れている方だった。

殆ど手元の感触で合わせた。風で緩んだラインが張った時に合わせる場合もあるが、殆どバレた。

フライの人がよく釣れていた。釣れている人は20~30匹位釣っていた。

スタッフの人の話では、ルアーがフライより釣れている期間は、放流してから1週間ぐらいで、その後はフライのほうが釣れるとの事。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。

 2015-10/15 琵琶湖・滋賀浜 小型ミノー・マグースで、ショアからバスフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-10/15  15:30~18:00 滋賀浜 晴れ時々曇り(微風、波穏やか)釣り人ぽつぽつと5人で 釣れている人確認できず。

マグース(パール・ダブルフック)で、陸から浜辺や流れ込みを、ブラックバス15~25cm3匹、ブルーギル20cm2匹。ブラックバス3匹バラシ。

今回は、バラシ軽減ができないかと、マグースHAよりの動きを抑え目に調節したマグースを使用した。

流れ込みの鮎はいなかった。

秋バターンになってからかなり日がたち、前回よりスレていると思われるが、取り込みとバラシの比率が前回と同等だったので、こちらの設計のほうがバラシが軽減できたと判断する。

PIC_1156

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

 2015-9/8 琵琶湖・近江舞子 小型ミノー・マグースで、陸っぱりバスフィッシング

2015-9/8 15:30~18:00 近江舞子 曇り時々雨(微風、波穏やか)釣り人2人で 釣れている人確認できず。

マグースHA(パール・ダブルフック)で、陸から浜辺や流れ込みを、ブラックバス15~25cm4匹、ブルーギル20cm1匹、ケタバス30cm1匹。ブラックバス5匹バラシ。

浜辺ではロープが無くなり、主に流れ込みが主体となった。

流れ込みに鮎が産卵していた。

PIC_1142  PIC_1144

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2015-9/6 琵琶湖 滋賀浜にて小型ミノー・マグースで、ショアからバスフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-9/6 15:30~18:00  滋賀浜曇り(微風、波穏やか)釣り人ぽつぽつと3人で 釣れている人確認できず。

マグースHA(パール・ダブルフック)で、陸から浜辺や流れ込みを、ブラックバス10~33cm 4匹 ブルーギル18~24cm3匹 ニ鯉40cm1匹 子バス数匹バラシ、ショートバイトも数回あった。

P1120366 P1120367 P1120368 P1120369 P1120371

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は ここ です。

 2015-8/28 琵琶湖 真野浜にて陸っぱりウェーディングでのバスフィッシング

 

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-8/28 17:30~18:30 真野浜 曇り(微風、波穏やか)釣り人9人で一人が40cm位をゲットしているのを確認。

ウェーディングにて、ブチマグース(パール)、マグースHA(パール)で、ウィドーの上をトレースして、ブラックバス10~30cm3匹 ブルーギル:20cm2匹。川の北側にもウィドーがかなり延びてきた、ツクツクボーシや、コウロギの鳴き声あり、秋の雰囲気も感じられた。18:30でかなり暗くなってきた。雨のため1時間の釣行で納竿。

P1120361 P1120365

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2015-8/2 滋賀県・真野川にて友ルアー(おとりルアー)・友魚で友釣り

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-8/2 6:30~8:00 真野川(堰の上流) 晴れ 濁り無し。水量適量、コケが石につき、若干、稚鮎がコケを食べるようにキラキラしている。

友鮎ルアー(友魚)10cmで、8~15cm16匹。

PIC_1137

7:00までが特に活性が良く、時間と共に釣れなくなっていった。かなりすれているよう。

尻尾アリと尻尾ナシタイプで釣ったが、どちらも釣れ、差は感じなかった。

掛針は、6.5号の4本イカリと、5.5号の3本イカリを使用したがどちらも、差は感じなかった。

掛針の位置はルアーの端から、4~6cm位でよくかかり、半分は背ガカリだった。

3cm以下でも30分ほど粘ったがノーフィッシュだった。

同じ場所で、友釣りをしている人がいたので、2匹釣れたてを分けてあげた。少し話をした。大きな川は濁りがまだとれていないので釣りに来たとのことで、最高で100匹程つったこともあるとの事でかなりの上流者だろう。手さばきなどもスマートで、釣れた鮎を網で空中キャッチなどしていた。堰は更に上流に5つあり、5つ目の大きな堰の前でよくつれるとの事。

鮎を分けてあげる前は、市販の友釣り用ルアーを使用していた。そのルアーは浅い場所では、使用できないとの事で、本物の鮎なら、チャラ瀬でも使用できるとの事。

その人はあまり釣れていなかった。自分の方が良く釣れた。このことより、友釣りの上級者と同等以上に良くつれることが証明された。

IMG_1050 500KB
上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

 2015-7/31 琵琶湖大橋下にてアッパーリップベイト・マグースで陸っぱり・バス釣り

 

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-7/31 6:30~9:30 琵琶湖大橋下 風殆ど無し 晴れ

釣り人ウェーディング2人、陸に6人 釣れている人、陸で子バスを1匹釣って仲間内で大はしゃぎしていた位。

ウェーディングにて、マグースHA(パール)で、ウィドーの上をトレースして、

ブラックバス20cmと27cmとで2匹 ブラックバス4匹バラシ ブルーギル20~23cm5匹、ブルーギルも20cmを超えると良く引く。

P1120355 P1120356 P1120357

大型フェリーも停泊していないが、活性が低かった。これなら、夕まずめと変わらない。

晴れの日は、7:00ぐらいでも日差しがきつくなっているので、中途半端な時間に釣っても活性が低いよう。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2015-7/30 琵琶湖大橋下にて、アッパーリップベイト・マグースで、ブラックバス(ウェーディング)

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-7/30 5:30~9:30 琵琶湖大橋下 横風 曇り時々晴れ

釣り人2人 釣れている人確認無し

ウェーディングにて、マグースHA(パール・ダブルフック)で、ウィドーの上をトレースして、

ブラックバス25~30m4匹 ブラックバス3バラシ ブルーギル23cm1匹

殆どが6:30までに釣れた。大型フェリーが近くに停泊し、催し物をしており、6:30頃よりエンジン音が響き渡るようになりそれがプレッシャーになったよう。

P1120341 P1120345 P1120346 P1120350

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

 

2015年7/11 琵琶湖・真野浜にてアッパーリップベイトで、陸っぱりバスフィッシング

2015-7/11 琵琶湖 真野浜にてウェーディング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-7/11 16:00~18:30 真野浜 曇り 釣り人10 40cmアップ釣れている人2人確認

ウェーディングにて、ブチマグース(パール・ダブルフック)、マグースHA(パール・ダブルフック)で、ウィドーの上をトレースして、

ブラックバス20~25cm2匹 2匹ブラックバスバラシ ブルーギル15~20cm4匹

P1120291

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。