2020年4月29日 琵琶湖、木浜~津田江にてバス釣り

15:00木浜、第2水路水門に着、晴、北西風、最高気温28度、他のアングラー4人、コロナウィルスの影響もあり少な目。

ネズミジグ(複数のルアーをライン上に繋げることで、小さなルアーも遠くにキャストでき、複数のルアーが連なることで群れを演出できる効果も期待できる)にて、中層や底をトォイッチングにて、水門~水路1km程をトライするが、ブラックラス、ブルーギル目視できず、ノーバイト。

16:00木浜湖岸緑地に移動。各湖岸緑地駐車場はコロナウィルス警戒で閉鎖され、目立った脇道駐車はパトカーが巡回し、駐車遠慮を促されていたが、夕マズメを狙ってか、かなりのアングラーがトライしている。

自分はバイクなので目立たない空き地に駐車できた。

水門、石畳、木陰等に上記と同様にキャストするがノーバイト。

17:00津田江に移動、周囲で誰も釣っていない。

同様にトライするがノーバイト。

17:30よりレインズスワンプミニに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)ノーシンカーのトォイッチングに変更。

内湖側で岸に並行ぎみキャストして30cmブラックバスを中央フックでゲット。

IMG_0298

水門の枯れた葦が残っているポイントで、ラインが動いたので合わせたがスッポ抜け1回(3回ほど根掛してワームを失いかけたので針先を完全にワームに埋めていた)。

水門で浮きブルーギル1匹確認(近寄ると見えなくなった、本日の泳いでいる魚の目視はこれのみ、ミドリガメを数匹見た)。

18:00納竿。

多段フック9種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2020年4月15日 なごみ湖、ライトエリアにてトラウトフィッシング

晴、微風、日中15度

夕まずめの活性に期待して、16:15より開始、他のアングラー2人。

ライトエリアは2つのポンドに分かれている。

上のポンドから開始。

笹濁りだがよく見ると、25~30cmのトラウトがかなり確認できる。

自作ペレットタイプ1.3gで、底にステイ中にて25cmレインボートラウト1匹ゲット。

その後が、時折ショートバイトあるのみで続かない。

25mmプチマグース(ゴールド)、70mmフローティングミノー、50mmポッパー、70mmサスペンドミノーなどトライするが時折ショートバイトあるのみ。

17:30下のポンドに移動。

自作ペレットタイプ1.6gでスローリトリーブ中に30cmレインボートラウト1匹ゲット。

その後が、時折ショートバイトあるのみで続かない。

再び、25mmプチマグース(ゴールド)、70mmフローティングミノーをトライするが時折ショートバイトあるのみ。

17:45位より1.5gスローフローティング、ミニクランクのスローリトリーブに変更して、25、30cmのレインボートラウト2匹ゲット。

IMG_0294 IMG_0296 IMG_0297

かなりシビアなコンディションだったが、そんな中でも自作ペレットタイプでもゲットでき、最後にミニクランクに反応が良かったことがわかり、若干攻略できたと思えた。

18:15納竿。