2020年1月15日 アクアヘブン(琵琶湖大橋から5㎞位にある)にてトラウトフィッシング

晴、南西風、日中8度

9:00より開始、他のアングラー4人で、ほぼ自由にポイントが選べた。

バラエティーゾーンとビックトラウトゾーンがあり、どちらでも行き来可能。

放流は土日のみなので本日は無かった。

ペレット巻きが10:30頃あり、ペレットを巻いてもそれほど活性は上がらなかった。

風が多少あり、釣りずらかったが、バラエティーゾーンにて、0.4gのネオスタイル(ペレットタイプ)のスローリトリーブにて20~30㎝位のレインボートラウト9匹ゲット。

IMG_0274 IMG_0275 IMG_0276 IMG_0278

ショートバイトが15回位。

ミノー、セニョールトルネード、ミニクランクなども30分程トライしたが、ミノーでバラシが1回のみ。

他のアングラーはビッグトラウトゾーンにいる時間が長めで、時折バラエティーゾーンでペレットタイプのスローリトリーブやフォーリングでポツポツとヒットさせ、ビッグトラウトゾーンでは、ミノーでトライしていた。

11:45、ライン切れでネオスチルをロストし、納竿。

おそらく、ルアーが小さいので丸呑みされてラインがトラウトの歯に擦れ、ライン切れになったと思う。

2020年1月12日 琵琶湖、旧彦根港漁港でおかっぱり、子バス釣り

晴、微風、日中10度

7:50、旧彦根港漁港の北東角に着、他のアングラー30人位、バネリアス、カボンバ、マツモ、アナカリス等の藻が一面生えている。バスは1部20m範囲内でかなり目視できた。

レインズスワンプマイクロに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)ノーシンカーのトゥイッチング、スローリトリーブでノーバイト。

9:00、一人、ぽつぽつと子バスをヒットしているアングラーを見ると、2インチほどの太短いワームを使用していたので、レインズスワンプJrを1.5cmにカットしたワームを4連結したネズミジグ(複数のルアーをライン上に繋げることで、小さなルアーも遠くにキャストでき、複数のルアーが連なることで群れを演出できる効果も期待できる)のシェイクしながらのスローリトリーブにて15~20cmのブラックバスを6匹ゲット。

IMG_0272 IMG_0273

10:00過ぎから反応が悪くなって、周囲でもほとんど釣れなくなった。

11:00納竿。