2019年12月4日 琵琶湖、旧彦根港漁港でおかっぱり、子バス釣り

曇、微風、日中15度

11:30、旧彦根港の水路に着、他のアングラー10人位、アナカリス等の藻が25%位の面積率で生えている。バスは目視できなかった。

レインズスワンプマイクロに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gシンカーのダウンショットにして、トライするが、ショートバイトのみ。

ノーシンカーにすると、主にフォール中に、15~24cmのブラックバスを15匹ゲット。

IMG_0247 IMG_0250 IMG_0251 IMG_0252

昼食後、14:00より、旧彦根漁港の北東角に移動、他のアングラー10人位、バネリアス、カボンバ、マツモ、アナカリス等の藻が一面生えている。バスは目視できなかった。

レインズスワンプマイクロの3段フックのノーシンカーで主にフォール中に、15~20cmのブラックバスを13匹と、20cmのブルーギルを中央フックで1匹ゲット。

IMG_0253IMG_0254

15:00、風が強まり、寒くんってきて、活性も悪くなってきたので、納竿。

本日の釣果、3時間の釣行にて15~24cmのブラックバス28匹、20cmのブルーギル1匹で、ヘッドフック、中央フック、テールフックのフッキング率はほぼ同じだった。

周囲では、ボーズのアングラーもいたが、8割位はポツポツ釣れていた。

自分の釣果は、テールフックと中央フックのヒットの分があり、周囲の2倍以上だった。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です