2019年9月1日 琵琶湖、志那でフローター

曇、微風、日中30度、16:30着。フローター、ウェディング、ボート0人、おかっぱりで2人、ライズ2回。

今年は、去年の大型台風のダメージにより活性が低く、周囲のアングラーも例年よりかなり少なめだ。

岸からみるとウィドーが無いように見える箇所にも水深1m付近まで、バネリアス、マツモ、カナダモ、ササバモ、ガシャラモなどが伸び、岸から沖までウィドーがびっしり付いている。

沖50~100m付近を、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでウィドーの上をシェイクしながら通す感じで10~15cmのブラックバスをヘッドフックで3匹、中央フックで2匹、テールフックで5匹の計10匹ゲット。

IMG_0144 IMG_0146 IMG_0147 IMG_0148 IMG_0149 IMG_0150時間帯なのか、ポイントなのか、最初の30分程で5匹ゲットし、その後アタリが減少し、残りの1.5時間で5匹釣れた。

子バスは小さいながらも冬の漁港より元気があり、ジャンプしたりして小気味よくファイトしてくれた。

18:30納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です