2019年9月25日 湖北西岸でおかっぱり、子バス釣り

晴、北風、日中30度、本日は、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングのみでトライした。

14:00和邇浜に着、他のアングラー0人。

小さな流れ込み周辺で10~15cmのブラックバスを7匹ゲット。

15:00近江舞子南側に着、他のアングラー0人。

小さな流れ込み周辺で15~20cmのブラックバスを25匹ゲット。

16:30より、比良周辺の流れ込み2か所でトライ、他のアングラー0人。

15~20cmのブラックバスを15匹ゲット。

IMG_0183 IMG_0186 IMG_0187 IMG_0189

ヘッドフック、中央フック、テールフックのフッキングはほぼ均等だった。

他のアングラーがいないことより、ほぼノープレッシャー状態だった様で、小型中心ながら一部の流れ込みでは入れ食い状態となった。

17:30納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月18日 湖北西岸でおかっぱり、子バス釣り

晴、強め北風、日中28度、本日は北風の風裏のポイント2~3か所をセレクトしてトライした。

近江舞子南側の流れ込みに15:00着。他のアングラー0人。

レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングにて10~20cmのブラックバスをヘッドフックで8匹、中央フック12~3匹、テールフックで5匹、計25匹と、30cmUPのケタバスをトップフックでゲット。

IMG_0174 IMG_0182IMG_0177 IMG_0178 IMG_0179 16:00より、比良周辺の流れ込み3か所で同様にトライし、その内の1か所で活性があり、10~15cmのブラックバスをトップフックで3匹、中央フックで3匹、テールフックで4匹の計10匹ゲット。最後に40UPはあるだろう強い引き込みがあったが、ラインがほどけてバラシ。

17:00納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月8日 琵琶湖、真野川加工でウェディング

晴、微風、日中33度、17:15着。沖にボート1隻、ウェディング11人。

川に産卵の為と思われる稚鮎が群れている。レインズスワンプジュニアの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の1gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブ、着底させてからのシェイキング、ステイ、トゥッチングにて18:30までに10~26cmのブラックバスをヘッドフックで4匹、中央フック7匹、テールフックで9匹、計20匹ゲット。

IMG_0165 IMG_0166IMG_0161IMG_0163

ショートバイトも多く20回程で、バラシも5匹程有った、ランカーサイズのライズが2回有った。

ほとんどのアングラーがヘビキャロを遠投して大物をターゲットにしていたが釣れていなかった。

18:30、半島の先端に移動して同様にトライしたがノーバイト。

レインズスワンプマグナムに1.5gのジグヘッドで30mほとキャストすると、ウィドーの引っ掛かりがあったがノーバイト。

19:15~19:45、元の河口に戻り、5インチレインズスワンプに戻してトライしたが、ステージが変わってしまいノーバイト。

他のアングラーも3人に減っていることより、このポイントは夕まず目がチャンスタイムなのだろう、19:45納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月4日 琵琶湖、真野浜でウェディング

曇~雨、微風~南東風、日中30度、14:00着。沖にボート4隻、おかっぱり0人、8月までは遊泳場であった浜でアングラーのプレッシャーが少ないはずだ。

ウィドーは少ないが、水面が緑っぽく見えるポイントに若干はえており、その上を、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブして18:00までに10~15cmのブラックバスをヘッドフックで4匹、中央フックで4匹、テールフックで2匹の計10匹ゲット、その他、バラシ5匹、ショートバイト10回位で、まず目にはライズ5~6回。

IMG_0152 IMG_0153 IMG_0156 IMG_0159

15:00~17:00まで雨が降り、琵琶湖大橋横の道の駅で休憩。

雨宿りをしていたのか、17:30頃から真野川河口付近にウェイティングアングラーが増えだし、10人位トライしていた。

18:00、真野浜の方はアタリが遠のいたので納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月1日 琵琶湖、志那でフローター

曇、微風、日中30度、16:30着。フローター、ウェディング、ボート0人、おかっぱりで2人、ライズ2回。

今年は、去年の大型台風のダメージにより活性が低く、周囲のアングラーも例年よりかなり少なめだ。

岸からみるとウィドーが無いように見える箇所にも水深1m付近まで、バネリアス、マツモ、カナダモ、ササバモ、ガシャラモなどが伸び、岸から沖までウィドーがびっしり付いている。

沖50~100m付近を、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでウィドーの上をシェイクしながら通す感じで10~15cmのブラックバスをヘッドフックで3匹、中央フックで2匹、テールフックで5匹の計10匹ゲット。

IMG_0144 IMG_0146 IMG_0147 IMG_0148 IMG_0149 IMG_0150時間帯なのか、ポイントなのか、最初の30分程で5匹ゲットし、その後アタリが減少し、残りの1.5時間で5匹釣れた。

子バスは小さいながらも冬の漁港より元気があり、ジャンプしたりして小気味よくファイトしてくれた。

18:30納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。