2019年8月7日 安曇川、広瀬で友ルアー

晴、微風、日中35度、5:30に常盤橋に着、他の友釣り2人。川の状態は良好。

友魚100mm、フロート部付天秤オモリ13号で、ルアーを底に固定してトライした。

これだと、ナスオモリ等の通常のオモリに比べて、底にオモリが引っ掛からず、底が複雑なポイントや遠目にルアーを放り込める。

6:30までねばるが、ノーバイト。

後で聞いたが、近くで橋の工事を行っており、その振動で釣れない場合があるとのことで、前日位に工事が有ったのかも知れない。

7:00に広瀬橋に着。他の友釣り6人。

11:00までに、14cm前後のアユ14匹ゲット。1 2 4

周囲で釣れているところを見なかったので、釣れている方と思う。

途中、底石の間にオモリが2回引っかかった。

どちらも、流れの早い底石が複雑な遠めのポイントで、ラインを緩めてオモリを底に着底したもので、流れが速い中でラインを張りながらオモリを着底させると、オモリが着水したポイントからかなり流されて着底してしまう。

こうした場合、ラインを緩めると、オモリを着水したポイントに着底できるが、底に引っかかる可能性が大きくなるので、オモリが着水後にラインを緩めすぎず、張り過ぎない、張り加減をつかむのがポイントだ。

こうした点に注意することで、以降はオモリを底に引っ掛けずに、対岸近辺にルアーを送り込みながら釣ることができた。

11:00、空いている主なポイントを釣ったので納竿。

IMG_1050 500KB上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です