2019年8月10日 琵琶湖、真野川河口でウェディング,バス釣り

晴、微風、日中35度。

16:00着。ウェディング10人、ボート数隻、ベイトフィッシュはゴリ、稚鮎、子バス確認。ライズは3時間で5回確認。

5インチレインズスワンプの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)のノーシンカーのズル引き、ステイ、トゥッチングで20~28cmのブラックバスを、ヘッドフックで7匹、中央フックで3匹ゲット。ショートバイト数回、バラシ1回。

IMG_0125 IMG_0128  IMG_0126 IMG_0127IMG_0130バイトが有ったのは限られたポイントのみだった。

19:00納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年8月7日 安曇川、広瀬で友ルアー

晴、微風、日中35度、5:30に常盤橋に着、他の友釣り2人。川の状態は良好。

友魚100mm、フロート部付天秤オモリ13号で、ルアーを底に固定してトライした。

これだと、ナスオモリ等の通常のオモリに比べて、底にオモリが引っ掛からず、底が複雑なポイントや遠目にルアーを放り込める。

6:30までねばるが、ノーバイト。

後で聞いたが、近くで橋の工事を行っており、その振動で釣れない場合があるとのことで、前日位に工事が有ったのかも知れない。

7:00に広瀬橋に着。他の友釣り6人。

11:00までに、14cm前後のアユ14匹ゲット。1 2 4

周囲で釣れているところを見なかったので、釣れている方と思う。

途中、底石の間にオモリが2回引っかかった。

どちらも、流れの早い底石が複雑な遠めのポイントで、ラインを緩めてオモリを底に着底したもので、流れが速い中でラインを張りながらオモリを着底させると、オモリが着水したポイントからかなり流されて着底してしまう。

こうした場合、ラインを緩めると、オモリを着水したポイントに着底できるが、底に引っかかる可能性が大きくなるので、オモリが着水後にラインを緩めすぎず、張り過ぎない、張り加減をつかむのがポイントだ。

こうした点に注意することで、以降はオモリを底に引っ掛けずに、対岸近辺にルアーを送り込みながら釣ることができた。

11:00、空いている主なポイントを釣ったので納竿。

IMG_1050 500KB上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

2019年8月3日 琵琶湖、木浜でフローター

晴、微風、日中35度、16:00着。フローター0人、ウェディング1人、ボート数隻、ベイトフィッシュは見えない。ライズは3時間で2回確認。

沖100m付近にウィドーのしっかりしたラインが続いているポイントを3インチヤマセンコーの2段フック(ワームのヘッド、テールにフック装着できる)のノーシンカーでウィドーに少し引っかけたり上を通す感じでトゥイッチングして、25cmのブラックバスをヘッドのフックでゲット。1

マグース(表層タイプの小型ミノー)でウィドーの薄い箇所を沈みすぎないように早めにリトリーブしたが、ノーバイト。

魚探で水深4m程のポイントを、5インチレインズスワンプのダウンショットで流したがノーバイト。

他のアングラーも釣れていなかった。

19:00納竿。

明日は休みの為か、帰り際にこれからフィッシングするアングラーがフローター2人、、ウェディング2人、ショア2人みた。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年7月14日 琵琶湖、山ノ下湾でフローター

曇時々弱めの雨、微風、日中27度。

16:00着、ウェディング数人。ボート約3隻。ベイトフィッシュは見えない。

ウィドーのしっかりした箇所が岸から沖に続いているポイントを岸より100m位まで、レインズスワンプ4インチに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)、シンカー0.5gのダウンショットや3インチヤマセンコーの2段フック(ワームのヘッド、テールにフック装着できる)のノーシンカーでウィドーに少し引っかけたり上を通す感じでトゥイッチングするが、ノーバイト。

エリに、3インチヤマセンコーの2段フック、ノーシンカーをキャストし、ズル引き&トイッチングで、20cm位のブルーギルをテールフックで2匹、ヘッドのフックで47cmブラックバス1匹ゲット、40UPブラックバス1匹バラシ。IMG_7066

ウィドーの引っ掛かりがきついポイントで6インチレインズスワンプに3段フック、ノーシンカーで、テールフックにフッキングして42cmブラックバス1匹ゲット。IMG_7067

午前中雨でおそらく、あまり荒らされずにすんでいたので、わかりやすいポイントでヒットしたのかもしれない。

エリの中でもウィドーがからんだポイントで、キャストがエリの際に決まったときにヒットした。

去年、このポイントでウェイダーでトライした際はブルーギルがイージーに釣れたが、今回は渋かった。

18:00納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年6月22日 琵琶湖、南山田でバス釣り

曇、北東の強風、日中25度。

15:00、に由美浜に着、他のアングラー0人。

稚鮎がキラキラと見える。

レインズスワンプ5インチに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)のノーシンカーでトライするが、強風でキャスト困難で、ラインも緩みノーバイト。

15:30ににおの浜着、他のアングラー数人。釣れていない。

レインズスワンプ5インチに3段フック、ノーシンカーでの、トゥイッチング、リフトアンドフォール、ズル引き、ステイ等でトライして、ノーバイト。

レインズスワンプ4インチに3段フック、ダウンショットでの、トゥイッチングにて15cmのブルーギル1匹。

17:30、南山田着、北の微風、他のアングラー数人だが、釣れていない。

水門近辺にて、4インチヤマセンコーのノーシンカーをキャスト、一投目着底後直ぐにヒットし、46cmブラックバスを中央フックにてゲット。IMG_7053IMG_7051 その後、風が吹いてきたので4インチレインズスワンプのヘビーダウンショットも試したがノーバイト、ノーフィッシュ。

ヘビーダウンショットでも底のひっかかりはほとんどなく、ウィドーは少ないようだ。

その間、1回、40cmアップゲットしたアングラーを確認。

19:00、納竿。

夕マズメの2時間で4人に1人位がいい思いができたといった感じだろうか。

19:00納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年5月19日 琵琶湖、南山田でバス釣り

曇、南東の強風、日中25度。

15:30、におの浜に着、他のアングラー数人、ヒットはみられない。

流れ込みの稚鮎のサビキもにぎわっていたが、しばらく雨が無いせいかあまり釣れていなかった。

ネズミジグ(ライン上に複数の小型ワームを繋げたジグ:小さな疑似餌を遠くにキャストできる)でのトゥイッチングで、15cm前後のブルーギル3匹ゲット。

向かい風が強く、移動。

17:00、南山田に着、緩い追い風なのでキャストしやすく、アタリもわかりやすい。

水門を中心に、レインズスワンプ5インチに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)のノーシンカーでの、トゥイッチング、リフトアンドフォール、ズル引き、ステイ等でトライして、15cmのブルーギル2匹のみでほぼノーバイト。

水門近辺で小魚が跳ねていたので粘っていると、18:30頃、フォール中に重みを感じたので合わせると、44cmのブラックバスを中央フックでゲット。

IMG_7037

その水門近辺での他のアングラーは5人で、釣れていなかったが、一人が40cmアップをバイブレーションを遠投、リフトアンドフォールにてゲットしていた。

夕マズメの2時間で3人に1人位がいい思いができたといった感じだろうか。

19:00納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。