2018年11月24日 琵琶湖、旧彦根港にてバス釣り

10:40着、晴、微風、他のアングラー約30人。水路側にも約40人。

茎のみになったガシャラモの間からカナダモ、バネリアス、カボンバ等の水草が一面に生えており、子バスもかなり確認できる。

本日は暖かく、ジャンバーを脱いでのフィッシングとなった。

レインズスワンプミニを3インチにカットの2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)0.4gジグヘッドをシェイキングしながら表層引きで12~20cmのブラックバス5匹と15cmのブルーギル1匹(ブラックバス、ブルーギル共にヘッドフック、テールフックのフッキングほぼ同じ)ゲット。

IMG_6927 IMG_6928 IMG_6930

周囲のアングラーはあまり釣れていなかった。

12:00彦根漁港を視察してると、あちこちで約30人のアングラー確認。

ダウンショットでトライするが、ノーヒット、ノーバイト。

その間に、誰もヒット確認しなかった。

13:30、旧彦根漁港から繋がる水路にて、レインズスワンプミニを3インチにカットの2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)0.4gジグヘッドをシェイキングしながら表層引きで12~20cmのブラックバス4匹ゲット。

その後、30分ほどアタリが遠のき、10秒ほどカウントダウンするとヒット。

そこから9匹ヒット。

14:30、レインズスワンプミニを3インチにカットの3段フック(ワームのヘッドと中央とテールにフック装着)0.4gジグヘッドに交換して、15:00までに9匹ゲットして、納竿。

この日の釣果は、12~22cmのブラックバス29匹(ヘッドフック約6割、テールフック約4割、中央フックで2匹)と、テールフックで15cmのブルーギル1匹。

全体的には、ボーズに近いアングラーが8割で、一部のアングラーがチョコチョコと子バスとゲットしている感じだった。

ヒットは見ていないが、トップウォーターのアングラーも数人確認したので、一時は釣れていたのかもしれない。

ヒットしているアングラーは、キャロライナーリグ、ダウンショット、ジグヘッド、ウキキャロ等確認した。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です