2018年1月14日(日) 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

14:00着、晴れ、微風、周囲のアングラー40人程。

底には豊富なウィドー(カナダモ、カモンバ、マツモ、スクリューバネリアス)がある。

周囲(ノーシンカー、ビッグベイト、ジグヘッド等)でも、殆ど釣れていない(他のアングラーは3時間の釣行中でブルーギル1匹釣れたのを確認したのみ)が、足元の水中を除くと、10~15cmの子バスがチョコチョコと確認できた。

南側で、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フック(ヘッドとテールの2ヶ所にフックを装着)で10~20cmのブラックバス4匹ゲット、夕方より10~20cmブルーギル6匹ゲット。P1130217P1130219P1130220

P1130221P1130224

15:30位より、ユスリカでも捕食するように多数の子バスが水面を頻繁につついていた。

その子バスサイズのビッグベイトを数人のアングラーがキャストするのを確認した。

2段フックのヘッドへのフッキングが2割、テールへのフッキングが8割位だった。

17:00、周囲ではまだ多くのアングラーが粘っていたが、暗くなったので納竿。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。