2017年7月16日(日) 真野川にて友ルアーで稚鮎

AM6:40、真野川着、小さな川なのに、多くの釣り人が毛ばりで稚鮎釣りを楽しんでいた。

水は澄んでいるが少なめで、毎日の様に釣られているのか、かなりすれている様で、10cm未満がポツリポツリとしか釣れていない。

稚鮎は、友釣よりも毛ばりの方が断然有利であり、自分の経験からすると3倍以上は良く釣れる。ここでは稚鮎はかなり目視できるが、友ルアーではボーズだろう。

161号線の100m程上の大きな堰までが主な釣り場で、そこから上は稚鮎が少なくなるし、足場も悪いので、誰も釣っていない。

よって、数は少ないがスレ具合も少ない堰の上流200m位にある瀬で7:00より釣行開始。

よく見ると、時々キラキラとヒラをうつ稚鮎が確認できる。

流れが弱いので20gの錘とし、その20cm先に友ルアー・友魚70mmをつけた。

足場が悪かったがなんとか、瀬や、流れ込みに友魚70mmを泳がせながら10m位を釣下り、2時間で8~10cm12匹の釣果だった。

P1120945

8:00に、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_1050 500KB

上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です