2017年6月17日(土)琵琶湖 真野浜にてバスフィッシング

16;15着。やや向かい風、他のアングラー10人確認。4インチヤマセンコーに2段フックのずる引きで大まかなウィドーのある箇所をチェック、45分で2回、ギルアタリあり。

17:00~19:00の2時間で、ウィドーのある南端で、マグース(パール)にて、15cm前後のブルーギル16匹と、20cmと26cmのブラックバス2匹ゲット。

P1120908 P1120911

P1120909 P1120905

深い箇所は、10秒ほどカウントダウンし、時折ウィドーに引っかかる程度の層をスローリトリーブいした。

他のアングラーが釣れているのは確認できなかった。19:00、アタリが遠のいたので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年6月4日(日)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

19:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

かすかに重く感じたので一応あわせたら、56cmのブラックバスをキャッチ。前のフックにフッキングした。アタリはその1回のみだった。22:00納竿。

IMG_4852 1500X999

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

2017年5月19日(金)琵琶湖大橋東詰-ビエリ前にてバスフィッシング

20:30着。微風、他のアングラー4人確認。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)のずる引き、時折ポーズでチャレンジした。

ついて早々、53cmと35cmのブラックバスをキャッチ。どちらも前のフックにフッキングした。

P1120894 P1120896

その後も直ぐヒットしたがバラシ。その後もアタリがあったがフッキングせず。その後、アタリが遠のき、11:00納竿。本日は、群れになって回遊しているのか、30分程の間にアタリが集中した。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年4月28日(金)琵琶湖大橋東詰(ビエリ前)にてバスフィッシング

19:00着。4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフック装着)にて、軽いアクション-5秒位のポーズの繰り返しにて、35cmのブラックバスゲット。前のフックにフッキングしていた。

P1120888

その後、引きは強烈だったが、障害物に潜り込まれて1匹バラシ。22;00反応も今ひとつなので納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年4月22日(土)なごみ湖-ライトエリアで、エリアフィッシング

7:30着、晴れ、微風、水クリア、釣り人7人、先週よりかなり寒かった。

周囲では、小型ミノー、巻きスプーン、ペレット型ルアーのアングラーがいた。時折ぽつぽつと25cm前後のトラウトがあがっている。

先週ライトエリアで数がでていたので、今週トライしたが、気温が下がったせいか、あまり反応が良くなかった。10:00頃放流があり、放流直後よく釣れたアングラーもいたが、場所のせいか、自分はそれ程釣れなかった。

周囲でもそれ程ではなくシャッドで、同じ場所で粘っているアングラーが、一番釣れていおり、その場所が風が木でさえぎられてアタリがとりやすく、流れ込みがちょうどゆるくなり、少し深めになっているポイントでトラウトの密度が多くなっていた。自分の1.5倍位のペースで釣れていたので30匹位の釣果だろう。

自分は2番目位の釣果で、マグース(レッド、パール)で、20~30cmのレインボートラウト20匹の釣果だった。他にバラシ約10匹、ショーバイト約30回だった。他のカラー(ゴールド、ライトグリーン、チョコ)も少し試したが反応が悪かった。

P1120886

レッドは、午前中に上のポンドで、パールは緩やかな流れのある下のポンドで反応が良かった。表層近辺でほとんど釣れ、この日は棒引き気味のスローリトリーブが良かった。

ライトエリアは、幅20m位しかなく、25m位の飛距離のマグースでは、その飛距離を生かせないので若干扱いにくかったが、周囲との比較で考えるとまずまずの釣果だった。

17:00、反応が悪くなってきたので納竿。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。

2017年4月16日(日)なごみ湖-本湖で、エリアフィッシング

7:30着、晴れ、微風、水クリア、釣り人15人、かなり暖かく、桜が見ごろだった。

周囲では、小型ミノー、巻きスプーン、ペレット型ルアー、フライのアングラーがいた。時折ぽつぽつと40cm前後のトラウトがあがっている。

マグース(パール)にて、午前(7:30~11:00)は表層にて40cm前後のレインボートラウトが3匹、午後(14:00~18:00)は中層(カウントダウン5~10秒)で40cm前後のレインボートラウト4匹が釣れた。強弱を付けたリトリーブがよかった。他のカラー(ゴールド、チョコ、レッド)も少し試したが反応が悪かった。

11:00~14:00は、釣れない時間帯と考えて、昼寝、昼食、ライトエレアの見学をした。ライトエリアでは、フライ、ペレット型ルアーのアングラーが5分に1匹位のいいペースで25cm位のトラウトをヒットさせていた。

この日は、37~42cmのレインボートラウト7匹、バラシ5匹、ショートバイト約10回で、ルアーの中では2~3番目位の釣果だった。

P1120882 P1120883 P1120884 P1120885

釣れている一部のアングラーのポイントを上から除くと、大きな木のしたあたりにキャストしており、その下にトラウトが泳いでいるのが目視できた。

なごみ湖-本湖は、水深10m位の深く、広めのエリアだが、マグースで十分楽しめることがわかった。

IMG_2692 2744X1696

上記、アッパーリップベイト・マグースの詳細or購入は   です。