2016年9月17日 滋賀・醒井養鱒鱒場(管理釣り場)にて、トラウトフィッシング

曇り、微風、28℃、水温16℃、水は若干マディー、水深約2m、釣り人約20人。

初めてのポイントで、9:30の予定が、道に迷い、10:20現地到着。到着した時は、余裕をもってキャストできるスペースではほぼ満員で、一箇所だけ空いていた。

スプーンよりも小型プラグのアングラーが目立った。

プチマグース(ライトグリーン)で探りを入れると、カウントダウン10秒位(底近辺)でショートバイトが多い。

カラーチェンジをブラック、チョコ、パール、レッドとしていき、チョコに反応が一番よく、次にライトグリーン、レッド次に、ゴールド、パールだった。

プチマグースで10分に1匹程のペースで釣れたが、1時間程でペースが悪くなり始めた。

水深が深めなのでマグース(チョコ)にチェンジし、リールを半回転早めに撒き、半回転遅めに撒きのメリハリを付けたリトリーブに反応がよく、1時間程で数匹追加。

p1120702 p1120703 p1120704 p1120705 p1120706

反応が悪くなったので、12:30から、昼食と、醒井の偵察休憩をした。1m前後のイトウや、1.5m前後のチョウザメが泳いでいる池は迫力があった。

13:30から14:30位までにマグース(チョコ)で数匹追加。

角でよく釣っていたアングラーが場所移動したので、そちらにチェンジすると、頻繁にチョイスやショートバイトがあるがマグースだと釣れない。プチマグースでスローにリトリーブすると、2匹釣れたが、その後、15分程、激しい通り雨があり、戻ってみると、水面に霧が立ちこみ雰囲気が変わっていた。

さっきの角のポイントにキャストするが活性が鈍っており、2匹追加して中央へのキャストにチャンジ。

隣のアングラーが赤いルアーで調子が良かったので、プチマグース(レッド)をキャストして2匹追加。

アタリが遠のいたのでマグース(チョコ)にチャンジして、数匹追加。

16:00になると空いてきたので、場所移動しながら17:30までに数匹追加して納竿。

本日の釣果は、20~25cmレインボートラウト38匹(内、マグースで約20匹)だった。

ラインが弛んだ時に張ったのを見てから合わせても間に合わずバラしてしまい、ランディングできたアワセは、全て手元の感触で合わせた。

角で茶色っぽい小型ミノーで釣っていたアングラーが角で釣っている時に2~3投に1匹位のペースで釣れていたが、、あまり釣れていないアングラーもかなりいたので、自分も釣れている方だった。

一人だけ50cm位を上げているのを見たほかは、釣れるサイズは20~25cmばかりで小さめだった。

周囲の人もだが、自分もバラシが多く、ランディング時のバラシの数匹も含めて30~40回位はバラシた。特にプチマグースでのバラシが多かった。又、ショトーバイトも100回位あった。

こんな時も、マグースでのメリハリの利いたリトリーブは、反射食いを誘うので、食いつきが良く、バラシ軽減になる。

img_3171

IMG_2682

上記、アッパーリップベイトの詳細or購入は   です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です