2016-7-24 琵琶湖・真野川河口でウェーディング、価値ある1匹

晴れ、水クリア、18:00ポイントに着、微風、小波、他のアングラー8人。7/21良かった南に面したエリアから開始、マグース・バーブ付、センターフック無し(小型ミノー)でトライするが反応無し。ここは他のアングラーが集中しており、スレてしまったよう。

北に100m程移動すると、若干ウィドーが混じりだす。そのポイントでブラックバスを掛けるがバラシ。しばらくして再度ヒットするが、ラインブレイク。ラインは8lbのPEを使用していたが、キャスト時に時折ガイドにラインが絡まる。その際にラインが傷ついていたよう。

マグースが無くなったので、4インチヤマセンコーに2段フック(ワームの前後にフックを装着)のノーシンカーでトライ。ヘビキャロよりソフトにウィドーの上をハネさせては、ステイを繰り返し、25cm位のブラックバスをゲット。

P1120686

後ろのフックにフッキングした。今年ノーシンカーに2段フックで、8匹のブラックバスをゲットし、内3匹が後ろのフックにフッキングしており、約4割が後ろのフックにフッキングしているので、2段フックは、ノーシンカーでの釣果アップにつながる事がわかった。

サイズは物足りないが、周囲が釣れていない中、場所や、ルアーや、アクションを組み立てて、アプローチがうまくいった満足感がある。

19:00前位から他のアングラーが帰りだし、自分もアタリが減少したので、納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です