友釣り用ルアー・友魚の釣り方及び、実釣

作成年月日:2016年5月2日

東海林 英夫 著

友釣り用ルアー・友魚の釣り方及び、実釣

 

仕掛けは、竿にラインを繋ぎ、その先に、オモリを付け、その先に友釣り用のルアーを付ける。具体的には、図1に示す様に、道糸(8lb位がトラブルも少なくでき理想)に、オモリ(55g位が強い流れでも固定でき理想)を付け、そこから15cm位のライン(8lb位)の先に友釣り用ルアー・友魚を付け、掛針は、3本又は4本イカリ(自分は6号を使用)で、ルアー後端から掛け針までは、約4~10cmとした仕掛けで釣る。

オモリは、割りビシの様にラインに固定してもよいが、アタリをわかりやすくするため、中通しオモリをラインに通し、その両サイドにスプリングを結ぶ等のオモリを止めるものを取り付け、それぞれのスプリングリングに、道糸と、ルアーと繋ぐ糸を結ぶ方がよい。

又、オモリの根掛を少なくする為、オモリを3つ位に分散してつけた方が良い。

ルアーは、底近辺を、若干前傾姿勢で、ヒラヒラと、アユがヒラを打つ様に蛇行する。

又、友釣り用ルアー・友魚は、リップレスなので、水流の抵抗が少なく、オモリへの負担を軽減できる。

友鮎ルアー仕掛け

図1

このルアーと仕掛けの利点は、オモリで底がとれるので、ルアーが底近辺に安定していること、オモリが底に固定されるので、川の中央に向かってラインを出しても、ルアーが流されずに安定して位置取りできることであり、このルアーは、底に引っかからず、アユのようにゆらゆらと蛇行する様に調整している。

通常の友釣り用ルアーは、ライン上にオモリを付けて使用する様には設計されておらず、ルアーでおとりとなる鮎を釣った直後にその鮎を使用できる様、通常の友釣り用の仕掛けに付けて使用し、ルアーだけで底近辺に潜るように設計されているので、上記仕掛けでは底に着いてしまうか、比重が軽ければ浮き上がってしまう。

又、仕掛けは、8lbのラインを使用できるので、根掛しても回収しやすく、竿先からルアーまで一本のラインなのでラインの絡まりが少なく扱いやすく、オモリがラインの途中にあるので、底石に引っかかりにくい。

通常、鮎は底近辺を泳いでいるが、今回使用したルアーを底より上層を泳がせたい場合は、ラインを途中から二股に分けて、片方の端にオモリを、もう片方の端にルアーを取り付けることで可能だ。但し、この方法は、ラインが複雑になるので若干扱いにくい。

ルアーを送り込む位置は、通常の友釣りのポイントである、コケの色が濃い箇所や、流れがよれていたり、周囲より弱くなっている箇所や、鮎が目視できる箇所(活性の高い鮎は、頻繁にヒラをうち、キラキラと目視できる場合が多々ある。)等で、ルアーを送り込む際は、なるべく着水音をおさえて、そっと、送り込んだほうがよいだろう。

 

上記釣り方で、友釣り用ルアー・友魚で実釣したので以下に記す。

2015-8/11 安曇川(広瀬)にて晴れ、水は澄み、水量適量で、薄っすらと石の表面にコケが付いている。

友釣り用ルアー・友魚(胴長100mm)にて釣行。

アタリは、手元に来る場合と、目視でとった。

 

5:15~10:15広瀬橋下流(フログ・広瀬鮎塾で釣れていると書かれていた)にて、12~17cmを26匹 料金徴収の人に聞くと、良く釣れている方とのこと。

10:15~10:45中野に移動 一人に聞くと、朝から7匹の釣果であまり釣れていないとのこと。

10:45~11:15広瀬橋下流に移動。時折鮎がヒラを打ってキラキラと見える。

11:15~12:15 12~15cm8匹。

暑さのため、終了。

本格的な鮎釣り場でも、本物の友釣りと同等以上に釣れる事が実証された。

ただ、数回、石に引っかかり、2~3度川に入りルアーを回収した。

大きな石がゴロゴロしている場合は、回収可能な深さを選択するか、ぎりぎりまで遠くにルアーを放り込まず、ルアーを上に回収できる距離に放り込むことが有効だと感じた。

ルアーを、ぎりぎりまで遠くに放り込むと、回収する際、ルアーを横に引きずる様になり、その際、手前の石にルアーやオモリが引っかかりやすい。

 今回使用したルアーは、upper-lipp.com(アッパーリップで検索)で販売予定です。このルアーは、上記使用方法にて使用することにおいて新規性があり、類似品の販売において、上記の使用方法及び、設計コンセプトと同内容を含む文面を使用することは著作権に違反します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です