八の字電車結び

作成年月日:2016年5月2日

東海林 英夫 著

八の字電車結び2000

上記において、最後の2つ目の電車結びと同じ様に結ぶ工程又は、PEカット部分をライターであぶる工程は、PEラインの種類により、その工程が無くても連結部分がほどけ難い場合もあるので、必須工程ではありません。

上記八の字電車結びは、PEラインとリーダー(ナイロン又はフロロライン)の連結に有効であり、十分な強度を確保でき、電車結びより簡単で、結び目をコンパクトにでき、キャスト時のガイドへの結び目の引っかかりを軽減できます。

例えば、メインラインが0.8号のPEで、リーダーが2号のフロロラインで、1gのスプーンを、違和感無くキャストできます。

メインラインが0.8号のPEで、リーダーが2号のフロロラインで、琵琶湖の流れ込みでのショアか50cmのニ鯉をゲットできました。

又、メインラインが0.8号のPEで、リーダーが1号のフロロラインで、52cmのロックトラウトをゲットできました。

よって、バスフィッシングやトラウトフィッシングにこのラインシステムは十分な強度を確保しつつ、飛距離アップができて有効です。

 

 上記、八の字結びは新規性があり、upper-lipp.com(アッパーリップで検索)で販売されている製品の類似品の販売において、八の字結びに関する上記と同内容を含む文面を使用することは著作権に違反します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です