2016-4/5 嵐山フィッシングセンター・管理釣り場にて小型ミノーでトラウトフィッシング

嵐山フィッシングセンターBエリア 曇り時々晴、微風、気温19℃、水:若干マディー15℃、釣り人7人。

8:15より開始、プチマグース(チョコ)で1m位をスローリトリーブして、5主にAエエリアの日陰を狙い55cmを加えたレインボートラウト5匹ゲット。

10:00位から曇りだしたので主にBエリアを中心にキャスト。表層をリトリーブするとチョイスが確認できたので、パール、ブラック、ゴールド、レッド等試し、ゴールドに特にチョイスが多かったので、ゴールドに変更。13時までに25~30cmレインボートラウト8匹追加。

昼直後13:30から51cmを加えた2匹ゲット。その後、大物を掛けるが3lbラインを切られてしまった。

14:30~16:00、持ち帰りの魚5匹をさばかせてくれ冷蔵庫保管してくれるとの事で、キープした魚をさばき、4lbラインで結びなおし、少し休憩。

16:00~18:00 ゴールドが無くなったので次に反応がよかったパールで25~30cmレインボートラウト4匹追加して納竿。

夕マズメ期待していたほど釣れなかった。午前中よく釣れていたトップウォーターのアングラーも夕方は不調で、この間、重めのスプーンのアングラーが釣れていた事を思い返すと、気温が下がり棚が下がったようで、表層を釣りつづけたのが敗因の様。

この日は、9:30~14:30の日中は自分が一番いいペースで釣れ、55、51cmを含む19匹のレインボートラウトをゲットした。

P1120500 P1120502 P1120525

スレている様で、ショートバイトも少な目で30回位、バラシが4匹有った。

トップウォータのアングラーが午前中よくヒットしており、少し動かしては2~3秒ステイを繰り返し、食いつくシーンが見えるとのことで面白そうだった。スタッフの方が、フックが虫に見えるのか透明が一番ヒットするよ、とのこと。

又、適正水温なので、横に縦によく引き、特に55,51cmは横幅もあり中々上がってこずよく引いた。

プチマグースは、1~3月に続き4月もゴールド、パールが一番反応がよいことがわかった。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です