2016年3/29 琵琶湖・北小松漁港でバス釣り、攻めのウキキャロ

本日はアクションフロート遊動(丸いフロートにロングフットのついた遊動ウキ)と、レインズスワンプマイクロ(2.8インチ)に2段フック(ワーム前後にフックが装着できる)、いわゆる浮きキャロの変形版での釣行。

14:30、北小松漁港到着、微風、晴、気温21℃、水温は漁港内も漁港の外も12℃、水クリア、かなりのバスを水深1~2m位に確認、ノーシンカーのアングラー9人。シャッド2人。ノーシンカーではたまに釣れる程度だが、小型のシャッドでは程よい距離と深さを稼げる為か自分と同じ位のペースで釣れていた。

2段フックのワーム後方にかかっているものが8割位だった。

16:00位から急にアタリが減少した。

1~2月よりサイズダウンし、サイズダウンしたせいかアタリも沈んでも直ぐ離したり微妙なものが多かったが、、3時間で、棚100cmで船の間を狙い、10~20cmブラックバス20匹の釣果で子バスの数釣りが楽しめた。

P1120497 P1120498

P1120499

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です