2016-1/31 朽木渓流魚センター(管理釣り場) アッパーリップベイトで、トラウトフィッシング(エリアフィッシング)

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

晴れ(時々強めの風)この日の都市での最高気温は9℃、水温6.0℃、釣り人50人。

8:30現地到着。駐車場には既に30台ほど停まっており、アングラー間が4~5m位に50人程がひしめき合っていた。水がクリアなので水面下1~1.5m位に沢山のトラウトが泳いでいるのが目視できる。

8:30~9:30プチマグース(ライトグリーン、レッド、チョコ、ピンク)を、水深0.5~1.5mをスローリトリーブでローテしてアタリカラーを確認すると、比較的チョコとライトグリーンにトラウトがアタックするのが目視できたので、この2色でローテして、チョコで約30cmレインボートラウト1匹と20~25cmイワナ2匹。

9:30~11:30アタックは頻繁にあるが釣れなので、プチマグースのパールも試してみると、チョコよりトラウトのアタックが多いので、パールに切り替えて、20~35cmイワナ3匹と30cmレインボートラウト1匹

12:00~13:00食後、フェザージグで3~4匹連発しているアングラーを見たので、フェザージグにチャレンジするが、2回ほどのショートバイトのみ。

13:00~15:00プチマグース(パール)にて20~25cmイワナ2匹、20cm山女1匹、30cmレインボートラウト2匹。

15:00~16:30大きなエリアフィッシング場での釣り番組で、「管理釣り場用のルアーは深く潜らないので釣れない。10~20gスプーンやミノーで釣れる。」といっていたのを思い出した。そこで深めはスレていないと考えて、深めのポイントでマグース(パール)を、リトリーブしながら沈んでいくイメージ、約1.5秒に一回転でハンドルを巻くスローリトリーブにて、41cm、46cmのレインボートラウトを含む9匹。

16:30~17:00アタリが止まり、浅めの第一ポンドが空いてきたので、プチマグース(パール)で30cmレインボートラウト1匹追加して、納竿。

この日のトータルの釣果は、30~46cmレインボートラウト12匹、20~30cmイワナ9匹、20cm山女1匹の計22匹だった。

P1120474 P1120476 P1120475  P1120472 P1120471

又、ショートバイトが30回位で、バラシが5~6回だった。

帰りがけに持ち帰り用のビクを持っている人を見ると、一人、4~10匹位の人ばかりだったので、自分は釣れている方だった。

この釣り場は、アングラーの数に応じて毎日放流する。今日は、10:00と、14:00の2回放流があった。アングラーが多かったので放流量は大目だったはずだが、プレッシャーも高く、よさそうなポイントは中々入れなかったので条件は悪かったと思う。

この日、以下のことがわかった。

・1月は、パールがよい。真冬でハイプレッシャーの時は、マグース(パール)のデッドスローリトリーブがよい場合がある。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は  です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です