2015-8/2 滋賀県・真野川にて友ルアー(おとりルアー)・友魚で友釣り

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-8/2 6:30~8:00 真野川(堰の上流) 晴れ 濁り無し。水量適量、コケが石につき、若干、稚鮎がコケを食べるようにキラキラしている。

友鮎ルアー(友魚)10cmで、8~15cm16匹。

PIC_1137

7:00までが特に活性が良く、時間と共に釣れなくなっていった。かなりすれているよう。

尻尾アリと尻尾ナシタイプで釣ったが、どちらも釣れ、差は感じなかった。

掛針は、6.5号の4本イカリと、5.5号の3本イカリを使用したがどちらも、差は感じなかった。

掛針の位置はルアーの端から、4~6cm位でよくかかり、半分は背ガカリだった。

3cm以下でも30分ほど粘ったがノーフィッシュだった。

同じ場所で、友釣りをしている人がいたので、2匹釣れたてを分けてあげた。少し話をした。大きな川は濁りがまだとれていないので釣りに来たとのことで、最高で100匹程つったこともあるとの事でかなりの上流者だろう。手さばきなどもスマートで、釣れた鮎を網で空中キャッチなどしていた。堰は更に上流に5つあり、5つ目の大きな堰の前でよくつれるとの事。

鮎を分けてあげる前は、市販の友釣り用ルアーを使用していた。そのルアーは浅い場所では、使用できないとの事で、本物の鮎なら、チャラ瀬でも使用できるとの事。

その人はあまり釣れていなかった。自分の方が良く釣れた。このことより、友釣りの上級者と同等以上に良くつれることが証明された。

IMG_1050 500KB
上記、友ルアー・友魚の詳細or購入は   です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です