2015-10/20 嵐山フィッシングセンター(管理釣り場)にてプチマグースでトラウト・エリアフィッシング

フログを再開したので、釣り日記をフログにしました。

2015-10/20  7:00~17:00  嵐山フィッシングセンターAエリア 晴れ時々曇り(時々強めの風)釣り人10人。

プチマグースで30cm前後レインボートラウト9匹(カラーはライトグリーン、レッド、ブラックのローテ)

マグースで約30cmレインボートラウト1匹(カラーはパール)マグースは、日中遠目で良くヒットしていたので使用した。

この日は、約30cmレインボートラウト10匹の釣果だった。

P1120374 P1120375

中層(表層より少し下)でヒット率良かった。

風が強めだったので、ラインを緩めないように、竿先を下げて少し早めにリトリーブすることが多かった。

バラシ(手元まで5匹)は、10匹で、ショーバイトが多かった。

フックリリーサーを使用したり、抜き上げれば、手元でのバラシ軽減になると思える。

スタッフの人の話では、10月は水温が(今朝:18度)高く、トラウトの適性水温が10~15℃なので活性が低めになり、放流量も徐々に増やしていく途中でストック量も少なめで、11月に入ってからの方がよく釣れるとの事。

最近は、昼は活性が低く、15時ごろの30分間位が表層で活性が高まるとのこと。この日は15時から特に釣れる事も無かった。

ルアーの人は、全体的にバラシが多く、タモに取り込めたトラウトは1~5匹の人が多く、自分は釣れている方だった。

殆ど手元の感触で合わせた。風で緩んだラインが張った時に合わせる場合もあるが、殆どバレた。

フライの人がよく釣れていた。釣れている人は20~30匹位釣っていた。

スタッフの人の話では、ルアーがフライより釣れている期間は、放流してから1週間ぐらいで、その後はフライのほうが釣れるとの事。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です