2018年8月5日 琵琶湖大橋西詰め、真野川河口にてバス釣

8/5:琵琶湖大橋西詰め、真野川河口にてバス釣

16:30着、晴れ、微風北風、他のアングラーは10人位、ウェディングでの釣行。

4インチレインズスワンプに2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)ノーシンカー(約3g)をリフト&フォールとトゥイッチングにて、20~25cmのブラックバスをヘッド側フックで3匹、テール側フックで1匹、15~20cmのブルーギルをテール側フックで3匹ゲット。

IMG_3316 IMG_3317 IMG_3318 IMG_3319

ライズは3回ほど確認。周囲のアングラーはあまり釣れていなかったが、ランカーバスを2匹ゲットしているのを確認した。ノーシンカーでヒットしたことや、前にバラしてリベンジできたと仲間同士で話していたのが聞こえた。

18:30より、3インチヤマセンコーに2段フックでのノーシンカーに変更して、28cmのブラックバスをヘッド側フックにてゲット。

いずれも、30秒ほどカウントダウンして底近辺にて、ウィドーに引っ掛けたり外したりしている中でヒットした。

19:30納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2018年6月30日、琵琶湖、南湖西岸、におの浜にてバス釣

16:50着、晴れ、微風、他のアングラーは20人程。

由美浜よりにて、4インチレインズスワンプに2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)を30cm間隔で3つライン上に結んだノーシンカー(約5g)にて開始。8lbPEラインにて風が無いと12mほどの飛距離がでる。

リフト&フォールとトゥイッチングにて、15~30cmブラックバスをヘッド側で4匹、テール側で2匹ゲット。

P1130264 P1130265 P1130266 P1130267 P1130268 P1130269 P1130270

その他に、10~15cmのブルーギル25匹ほどを全てテールにフッキングしてゲット。

19:00、雨上がりで活性が高めだったのか、まだまだ釣れそうだったが、ライントラブルとなり集中力がとぎれたので納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2018年6月16日 琵琶湖、南湖西岸、におの浜にてバス釣

16:00着、曇り、強めの向かい風、他のアングラー10人程。

プリンスホテルより南側にて、4インチヤマセンコー・ノーシンカーに2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)にてトライするも、風で距離がでにくく、着定させていないとラインが弛みアタリがとれない。又、ワームが挟まれて無くなりかけたので、北側のフェリー桟橋に移動。2g程のシンカー、3インチレインズスワンプに2段フックでのダウンショットにてトライ。

こちらでもウィドーは殆ど引っ掛からないが、ごろた石にシンカーが挟まれ、2つシンカーをロスト。又、藍藻がワームやラインに絡みつき、ときおり取り除く必要がある。

15、25cmのブラックバスと、10、15cmのブルーギルをゲット。いずれもテール側のフックに掛かっていた。

P1130245  P1130247 P1130248

20:00納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2018年5/27:琵琶湖(南湖東岸)南山田にてバス釣

17:00着、微風、他のアングラー20人程

水門近辺にてライズ確認したので、3インチヤマセンコー・ノーシンカーに2段フック(ワームのヘッドとテールにフック装着)にてリフト&フォールでトライし、46cm、50cmブラックバスと、15cm前後のブルーギル8匹ゲット。いずれもテールにフッキング。P1130241

P1130240  P1130242

後、丸呑みされて歯がライン(8lbフロロ)に当たったのか40cmほどのブラックバスをライン切れでバラシ。

20:30北山田に移動して同様のフィッシングでトライするがノーフィッシュ。

21:30納竿。

IMG_2560 1500X1001

上記、2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

 

 

 

2018年1月14日(日) 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

14:00着、晴れ、微風、周囲のアングラー40人程。

底には豊富なウィドー(カナダモ、カモンバ、マツモ、スクリューバネリアス)がある。

周囲(ノーシンカー、ビッグベイト、ジグヘッド等)でも、殆ど釣れていない(他のアングラーは3時間の釣行中でブルーギル1匹釣れたのを確認したのみ)が、足元の水中を除くと、10~15cmの子バスがチョコチョコと確認できた。

南側で、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フック(ヘッドとテールの2ヶ所にフックを装着)で10~20cmのブラックバス4匹ゲット、夕方より10~20cmブルーギル6匹ゲット。P1130217P1130219P1130220

P1130221P1130224

15:30位より、ユスリカでも捕食するように多数の子バスが水面を頻繁につついていた。

その子バスサイズのビッグベイトを数人のアングラーがキャストするのを確認した。

2段フックのヘッドへのフッキングが2割、テールへのフッキングが8割位だった。

17:00、周囲ではまだ多くのアングラーが粘っていたが、暗くなったので納竿。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年12月2日 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

14:00着、晴れ、微風、周囲のアングラーは着いたときは20人ほどで、徐々に多くなり15:00には40人程。他に長細い堀にも4m置き位にトライしていた。

底には豊富なウィドー(カナダモ、カモンバ、マツモ)があり、ダウンショットは難しい。

周囲(ノーシンカー、ジグヘッド等)では、殆ど釣れていない。

足元の水中を除くと、10~15cmの子バスがチョコチョコと確認できるが、ワームを近づけても反応が薄い。オーバー目に上下にアクションすると時折食いつくが、中々フッキングにまで至らない。

3箇所を転々と移動して、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フックで10~15cmブラックバス6匹ゲット。

16:30、水門近辺で、15~20cmブルーギル7匹ゲット。

P1130198 P1130200 P1130201

いつもと違い、ブルーギルの方が良く引いた。

2段フックのヘッドへのフッキングとテールへのフッキングは同じぐらいだった。

今回は11月18日、23日よりサイズ、数共に渋かった。

17:00、暗くなり、周囲のアングラーも少なくなってきたので納竿。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年11月25日(土)醒ヶ井養尊場(管理釣り場)にてトラウト

朝8号線が込み、若干到着が遅れ、8:40着、微風、曇、濁り気味、アングラー約30人ほどで若干釣りスペースに余裕があった。

このエリアは、豊富な湧き水があり水温が1年中安定しており、持ち帰りは禁止、魚種はレインボートラウトのみ。釣り時間途中での放流、餌巻きは無い。ペレット型ルアー禁止。

プチマグース(ゴールド、チョコ)にて5~10秒カウントダウン後、スローリトリーブで、12:30までに25~30cmレインボー33匹ゲット。

表層にもトラウトが泳いでいるが、実際にヒットするのは1.5mほどの層だった。又、0.5秒程で半回転後1.5秒程で半回転のリズム(ルアーは素早く動いてその後静止)でのリトリーブで反応が良かった。

13:30、ポイントをできるだけシャローに移動し25~30cmレインボー20匹ゲット

P1130193 P1130194 P1130195

16:00、疲れたので1時間残して納竿。

カラーは、ゴールドが終始よく、プチマグース(ゴールド)で42匹、プチマグース(チョコ)で9匹、小型クランクで3匹、実釣時間6時間30分で合計25~30cmレインボートラウト54匹の釣果たっだ。周囲では小型クランクが多く使われており、周囲の平均位の釣果だった。

よく釣れるアングラーが3~4人いて、早朝などはゴールドのシャッドやホワイトや暗褐色の小型クランクで1投毎に(周囲の2~3倍のペース)釣れていた。

自分も似たような小型クランクやシャッドでアクションも似せて1時間ほどトライしてみたが、バラシが多発する等あまり釣れなかったので、ルアーをここに合わせて吟味する必要があると感じた。

今回は、特に醒ヶ井養尊場に合わせずにプチマグースでトライして平均以上の釣果だったので満足のいく結果だった。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。

2017年11月23日 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

12:30着、曇時々小雨、風強め、周囲のアングラー20人ほど。

底には豊富なウィドー(カナダモ)があり、ダウンショットは難しい。

周囲(ノーシンカー、ジグヘッド、シャッド等)では11月18日と違い、殆ど釣れていない。

風裏にて、レインズスワンプ・マイクロに2段フック(ヘッドとテールの2ヶ所にフックを装着)、0.4gの噛み潰しをヘッドに装着したジグヘッドにて、ノーフィッシュ。

13:30、小雨が強くなってきたので、コンビニで雨宿り。

14:30、水門より10m程で、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フックで15~23cmブラックバス14匹ゲット。

P1130188 P1130189 P1130190 P1130191

15:15、最初来た時の風裏のポイントに移動したが反応なし。

15:30、メガネを忘れたこともありアクションフロートが見えづらくなってきたので、最初のジグヘッドに戻し、水門に近いポイントに移動し、子バス1匹、15cmブルーギル2匹ゲット。

P1130192

16:10、ジグヘッドでは反応が少ないので納竿。

本日は11月18日とは違い、ジグヘッドでは反応が悪く、それよりも遠いポイントでアクションできるアクションフロートの反応が良く、サイズが若干良かった。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年11月18日 琵琶湖・旧彦根港にてバス釣

13:30着、曇、微風、周囲のアングラー20人ほど。
気温が10℃ほどの中、水面に手を入れると少し暖かく、20℃ほどありそうだ。底には豊富なウィドー(カナダモ)があり、ダウンショットは難しい。
周囲でも、ノーシンカー、ジグヘッド、シャッド等でポツポツと釣れている。
プチマグースでブルーギル2匹、子バス1匹ゲット。

P1130175 P1130176      14:00、レインズスワンプ・マイクロに2段フック(ヘッドとテールの2ヶ所にフックを装着)のノーシンカーにて、15cmブルービル2匹と、15~22cmブラックバス10匹ゲット。P1130178P1130179

15:00、ノーシンカーだと5m位しかキャストできず、反応が悪くなってきたので、0.4gの噛み潰しをヘッドに装着したジグヘッドにて、15~22cmブラックバス15匹と15cm前後のブルーギル7匹追加。ジグヘッドは、頻繁に空合わせをすると、その際にフッキングしたり、それが誘いにもなり良くヒットした。P1130180P1130187

15:00位から込み始め、かなり満員状態。
16:00~17:00、小雨が振り出した為、近くのコンビニで食事休憩。
17:00、アクションフロート(ワームに効果的なアクションを加えるウキ)とレインズスワンプ・マイクロに2段フックで20cmブラックバス2匹、15cmブルーギル2匹追加P1130182
 P1130181アクションフロートだと、既に薄暗くなり見づらいので、遠くにキャストできず、いまひとつ反応が悪かった。

17:30、反応が若干悪くなり、周囲のアングラーも半分ぐらいとなり、自分も納竿。
2段フックのヘッドへのフッキングとテールへのフッキングは同じぐらいだった。なので、ワームではテールへのフッキングの分周囲よりも釣れるテンポが良かった。
本日は、色々試しながらの3時間で、15~22cmブラックバス29匹と、15cm前後のブルーギル11匹の釣果だった。

IMG_2560 1500X1001 IMG_2566 1500X994

上記、アクションフロート&2段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2017年11月3日(金・文化の日)朽木渓流魚センター(管理釣り場)にてトラウト

7:30着、微風、晴、アングラー約30人ほどで混雑気味。

今回は、プチマグースのみでチャレンジした。

プチマグース(ライトグリーン、チョコ)にて表層のスローリトリーブで、20cm前後のヤマメ4匹、25~40cmレインボートラウト19匹、57cmロックトラウト1匹の釣果。チョコとライトグリーンをアタリが遠のいたタイミングで交互に使用したが、交換して反応が良くならなかったので差は無いと感じた。他に、ショートバイト50回程有った。

P1130165 P1130166 P1130167 P1130168 P1130170 P1130171 P1130172 P1130174

10月14日(土)はほぼ同条件で、マグースのみで14匹に対し、今回プチマグースのみで24匹の釣果だったので、秋はプチマグース(チョコ、ライトグリーン)の方がマグースよりよいと思われる。プチマグースの方が表層でよりスローにリトリーブでき、秋は水面に漂う昆虫などのスローに動く餌にトラウトの意識が高いのかも知れない。

全般に、表層をスローリトリーブの棒引きで反応がよかった。又、少し流があるので、流れに対して若干逆向きの斜め方向にキャストするとより釣れた。こうすると、よりスローにリトリーブでき、更にアクションもよりしっかりつき、更に魚は流と逆方向を向くので、魚から少しずつ逃げるようにルアーを泳がせることができる。

しかし、放流(10:00、13:00の2回あった)直後30分ほどは、ペレット型ルアーでよく釣れていたので、プチマグースでゆっくり沈む程度にスローにリトリーブすると良く釣れた。14:30から30分程はミノーでよく釣れていたので、プチマグースで誘いを頻繁に入れたり強弱を多めにアクションすると同等に釣れた。

アングラーが多い為か活性が低く、周囲でもあまり釣れておらず、周囲のアングラーの釣れる頻度や帰りがけのビクを見ると平均10匹ほどの釣果なので平均より釣れている方だった。

特に7:30~9:00までは周囲よりよくプチマグースで反応が良く10匹ほど釣れた。

ペレット型ルアーでまずまずのアングラーより本日は若干数は出なかったが、(ペレット型ルアーは放流直後にアタリが集中しておりサイズも25cm前後だった)サイズは、40cm前後が3匹と57cmのロックトラウトが釣れたので満足いくものだった。

これは、大きなトラウトが中央付近に多く、プチマグースがその付近にとどき、放流直後のトラウトとは別のトラウトにも反応が良かった為と思われる。

15:30、13;00時の放流から2時間以上過ぎ、朝の活性も過ぎ、アングラーも多い中で、30分程ノーフィッシュが続き、周囲でも殆ど釣れていなかったので納竿。

IMG_2682

上記、アッパーリップベイト・プチマグースの詳細or購入は   です。