2019年12月4日 琵琶湖、旧彦根港漁港でおかっぱり、子バス釣り

曇、微風、日中15度

11:30、旧彦根港の水路に着、他のアングラー10人位、アナカリス等の藻が25%位の面積率で生えている。バスは目視できなかった。

レインズスワンプマイクロに3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gシンカーのダウンショットにして、トライするが、ショートバイトのみ。

ノーシンカーにすると、主にフォール中に、15~24cmのブラックバスを15匹ゲット。

IMG_0247 IMG_0250 IMG_0251 IMG_0252

昼食後、14:00より、旧彦根漁港の北東角に移動、他のアングラー10人位、バネリアス、カボンバ、マツモ、アナカリス等の藻が一面生えている。バスは目視できなかった。

レインズスワンプマイクロの3段フックのノーシンカーで主にフォール中に、15~20cmのブラックバスを13匹と、20cmのブルーギルを中央フックで1匹ゲット。

IMG_0253IMG_0254

15:00、風が強まり、寒くんってきて、活性も悪くなってきたので、納竿。

本日の釣果、3時間の釣行にて15~24cmのブラックバス28匹、20cmのブルーギル1匹で、ヘッドフック、中央フック、テールフックのフッキング率はほぼ同じだった。

周囲では、ボーズのアングラーもいたが、8割位はポツポツ釣れていた。

自分の釣果は、テールフックと中央フックのヒットの分があり、周囲の2倍以上だった。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年11月23日 琵琶湖、旧彦根港漁港でおかっぱり、子バス釣り

晴、微風、日中18度

9:30に旧彦根港漁港の北東角に着、他のアングラー10人位、バネリアス、カボンバ、マツモ、アナカリス等の藻が一面生えている。20cm位の子バスがかなり目視できる。

レインズスワンプミニを3インチにカットしての3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)のノーシンカーを着底させてからのトゥッチングにて、15~25cmのブラックバスを7匹ゲット。

IMG_0243 IMG_0244

ショートバイトが多くなり反応が悪くなってきたので、10:30、旧彦根港の水路に移動、他のアングラー10人位、アナカリス等の藻が25%位の面積率で生えている。20cm前後の子バスがかなり目視できる。

水深が2m程あるので、0.5gシンカーのダウンショットにして、さっきよりサイズダウンしたレインズスワンプマイクロ(3インチ)の3段フックにて12~23cm前後のブラックバスを28匹ゲット。

IMG_0245IMG_0246

途中、ワームが劣化してきたのでレインズスワンプミニを3インチにカットに変更するとバラシが数回続いたので、元のレインズスワンプマイクロに戻すと引き続きヒット、本日はワームサイズが重要なようだ。

11:30位までは、ヘッド、中央、テールフックのヒット回数は同程度で、それ以降は、ヘッドフックのヒットがほとんどだった。

本日は、頻繁にアタリが有り約2投に一回ヒットしており、全体でヘッドフックでのヒットが半分位であり、3インチの3段フックだとヒット後にフック同士が絡まったしやすく、手返しがわるくなり、ヘッドフックのみの方がストレスなく楽しめただろう。

3インチワームは、状況に応じ、通常フックと、3段フックの使い分けが有効と感じた。

12:30、反応が悪くなってきたので、納竿。

本日の釣果、12~14cm5匹、15~25cm30匹の子バスをゲット。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年10月16日 琵琶湖、湖北東岸、近江八幡~野洲でおかっぱり、子バス釣り

快晴、白波が見られる強めの北風、日中20度、本日は、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングを中心にトライした。

12:30近江八幡の漁港に着、他のアングラー0人、漁港の地形を利用して風上に立てるようなポイント(漁港入り口のテトラ)にて15~23cmのブラックバスを、ヘッドフックで4匹、中央フックで4匹、テールフックで2匹ゲット。

IMG_0210IMG_0207IMG_0209IMG_0211

13:30西の湖からの水路に着、他のアングラー0人、濁りがあり、底に変化少なくノーバイト。

14:00南下して、最初と違う漁港に着、周囲のアングラー0人、漁港を囲むように工事中でプレッシャーになっているようにも感じた。少しトライするがノーバイト。

14:30南下して釣りスペースが風上から確保でき、クリアな流れ込みでトライ、周囲のアングラー0人、22cmと23cmのブラックバスを中央フックで、でゲット。

IMG_0212IMG_0213

15:30野洲川河口横の漁港入口テトラに着、周囲のアングラーは漁港の中に2人、約20cmブラックバスをテールフック、中央フック、ヘッドフックで1匹づつゲット。

IMG_0214IMG_0215

本日、強めの北風に風上になる5ポイントをラン&ガンし、3ポイントで反応があり、15~23cmのブラックバス16匹だった。

16:30納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月29日 琵琶湖、南湖東岸~西岸でおかっぱり、子バス釣り

晴、東風、日中30度、本日は、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングのみでトライした。

14:30葉山川に着、他のアングラー10人位。

流れ込み周辺で20cmのブラックバスをテールフックで2匹ゲット。

15:00志那水門に着、ウィドーが岸辺1~2mを覆いライトリグを通せるところが限られている。その為か他のアングラー0人。15cmのブラックバスをテールフックで1匹ゲット。

15:30北山田に着、ここもウィドーが岸辺1~2mを覆い釣りずらい。他のアングラー8人位。

10cmのブラックバスをテールフックでゲット。

16:00におの浜に着、ここもウィドーが岸辺1~2mを覆い釣りずらい。他のアングラー8人位。

ライトリグを通せるところをラン&ガンして、20cmのブルーギルをテールフックで2匹、ヘッドフックで1匹と、15cmのブラックバスをヘッドフックで1匹、テールフックで2匹ゲット。

IMG_0193 IMG_0195 IMG_0196 IMG_0197活性は低めで周囲で釣れているアングラーを見なかった。

18:30納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月25日 湖北西岸でおかっぱり、子バス釣り

晴、北風、日中30度、本日は、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングのみでトライした。

14:00和邇浜に着、他のアングラー0人。

小さな流れ込み周辺で10~15cmのブラックバスを7匹ゲット。

15:00近江舞子南側に着、他のアングラー0人。

小さな流れ込み周辺で15~20cmのブラックバスを25匹ゲット。

16:30より、比良周辺の流れ込み2か所でトライ、他のアングラー0人。

15~20cmのブラックバスを15匹ゲット。

IMG_0183 IMG_0186 IMG_0187 IMG_0189

ヘッドフック、中央フック、テールフックのフッキングはほぼ均等だった。

他のアングラーがいないことより、ほぼノープレッシャー状態だった様で、小型中心ながら一部の流れ込みでは入れ食い状態となった。

17:30納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月18日 湖北西岸でおかっぱり、子バス釣り

晴、強め北風、日中28度、本日は北風の風裏のポイント2~3か所をセレクトしてトライした。

近江舞子南側の流れ込みに15:00着。他のアングラー0人。

レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.4gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブや、着底させてからのトゥッチングにて10~20cmのブラックバスをヘッドフックで8匹、中央フック12~3匹、テールフックで5匹、計25匹と、30cmUPのケタバスをトップフックでゲット。

IMG_0174 IMG_0182IMG_0177 IMG_0178 IMG_0179 16:00より、比良周辺の流れ込み3か所で同様にトライし、その内の1か所で活性があり、10~15cmのブラックバスをトップフックで3匹、中央フックで3匹、テールフックで4匹の計10匹ゲット。最後に40UPはあるだろう強い引き込みがあったが、ラインがほどけてバラシ。

17:00納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月8日 琵琶湖、真野川加工でウェディング

晴、微風、日中33度、17:15着。沖にボート1隻、ウェディング11人。

川に産卵の為と思われる稚鮎が群れている。レインズスワンプジュニアの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の1gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブ、着底させてからのシェイキング、ステイ、トゥッチングにて18:30までに10~26cmのブラックバスをヘッドフックで4匹、中央フック7匹、テールフックで9匹、計20匹ゲット。

IMG_0165 IMG_0166IMG_0161IMG_0163

ショートバイトも多く20回程で、バラシも5匹程有った、ランカーサイズのライズが2回有った。

ほとんどのアングラーがヘビキャロを遠投して大物をターゲットにしていたが釣れていなかった。

18:30、半島の先端に移動して同様にトライしたがノーバイト。

レインズスワンプマグナムに1.5gのジグヘッドで30mほとキャストすると、ウィドーの引っ掛かりがあったがノーバイト。

19:15~19:45、元の河口に戻り、5インチレインズスワンプに戻してトライしたが、ステージが変わってしまいノーバイト。

他のアングラーも3人に減っていることより、このポイントは夕まず目がチャンスタイムなのだろう、19:45納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月4日 琵琶湖、真野浜でウェディング

曇~雨、微風~南東風、日中30度、14:00着。沖にボート4隻、おかっぱり0人、8月までは遊泳場であった浜でアングラーのプレッシャーが少ないはずだ。

ウィドーは少ないが、水面が緑っぽく見えるポイントに若干はえており、その上を、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでシェイクしながらスローリトリーブして18:00までに10~15cmのブラックバスをヘッドフックで4匹、中央フックで4匹、テールフックで2匹の計10匹ゲット、その他、バラシ5匹、ショートバイト10回位で、まず目にはライズ5~6回。

IMG_0152 IMG_0153 IMG_0156 IMG_0159

15:00~17:00まで雨が降り、琵琶湖大橋横の道の駅で休憩。

雨宿りをしていたのか、17:30頃から真野川河口付近にウェイティングアングラーが増えだし、10人位トライしていた。

18:00、真野浜の方はアタリが遠のいたので納竿。多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年9月1日 琵琶湖、志那でフローター

曇、微風、日中30度、16:30着。フローター、ウェディング、ボート0人、おかっぱりで2人、ライズ2回。

今年は、去年の大型台風のダメージにより活性が低く、周囲のアングラーも例年よりかなり少なめだ。

岸からみるとウィドーが無いように見える箇所にも水深1m付近まで、バネリアス、マツモ、カナダモ、ササバモ、ガシャラモなどが伸び、岸から沖までウィドーがびっしり付いている。

沖50~100m付近を、レインズスワンプミニの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)の0.5gのカミツブシをヘッド近辺に付けたジグヘッドでウィドーの上をシェイクしながら通す感じで10~15cmのブラックバスをヘッドフックで3匹、中央フックで2匹、テールフックで5匹の計10匹ゲット。

IMG_0144 IMG_0146 IMG_0147 IMG_0148 IMG_0149 IMG_0150時間帯なのか、ポイントなのか、最初の30分程で5匹ゲットし、その後アタリが減少し、残りの1.5時間で5匹釣れた。

子バスは小さいながらも冬の漁港より元気があり、ジャンプしたりして小気味よくファイトしてくれた。

18:30納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

2019年8月10日 琵琶湖、真野川河口でウェディング,バス釣り

晴、微風、日中35度。

16:00着。ウェディング10人、ボート数隻、ベイトフィッシュはゴリ、稚鮎、子バス確認。ライズは3時間で5回確認。

5インチレインズスワンプの3段フック(ワームのヘッド、中央、テールにフック装着できる)のノーシンカーのズル引き、ステイ、トゥッチングで20~28cmのブラックバスを、ヘッドフックで7匹、中央フックで3匹ゲット。ショートバイト数回、バラシ1回。

IMG_0125 IMG_0128  IMG_0126 IMG_0127IMG_0130バイトが有ったのは限られたポイントのみだった。

19:00納竿。

多段フック8種上記、多段フックの詳細又は購入は、 ここ です。

遊びごころのある釣り